1. まとめトップ

チェルノブイリ原発の生々しい画像【原発事故】

チェルノブイリ原子力発電所(チェルノブイリげんしりょくはつでんしょ)は、ウクライナ(旧:ソビエト連邦)のチョルノーブィリ(チェルノブイリ)近郊、プリピャチ市にあった、原子力発電所です。

更新日: 2016年04月28日

nobuyuki5さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
69 お気に入り 1420451 view
お気に入り追加

チェルノブイリ原発

チェルノブイリ原子力発電所(チェルノブイリげんしりょくはつでんしょ)は、ウクライナ(旧:ソビエト連邦)のチョルノーブィリ(チェルノブイリ)近郊、プリピャチ市にあった、原子力発電所です。

原子炉の炉型は、黒鉛減速沸騰軽水圧力管型原子炉のRBMK-1000型(ソビエト型)。
1971年に着工され、1978年5月に1号炉が営業運転を開始しました。

1986年4月26日午前1時23分(モスクワ時間 ※UTC+3)に、4号炉が原発事故を起こし、世界中にその名が知られています。

(Wikipediaより)

原発事故で破壊された建物の写真です。現在では、この上が放射能の拡散を防ぐ為にコンクリートで覆われています。

建物が崩れて、非常に強い放射能、放射性物質が外に漏れ出した事が分かります。

出典unkar.org

炉心から大爆発を起こして、建物の全体を吹き飛ばして、放射能を世界中に拡散させました。ヨーロッパでも高い放射能の汚染が見られ、放射性物質は風に乗って日本でも観測されています。

出典wired.jp

チェルノブイリ原発の近くでは、チェルノブイリ事故から2年後の1988年に突然変異をした豚の退治が発見されました。

チェルノブイリの近くの汚染された森

ここは汚染された“赤い森”の中心地。針葉樹から成る4,000エーカー(約16.2㎢)近い森は、さまざまな放射性物質に覆われている。ストロンチウム、セシウム、プルトニウム、そして極微量のウラン。これらは1986年の4月から5月にかけて、4号炉の炉心が10日間にわたって燃え続けた際に放出されたものだ。

チェルノブイリと福島の放射能汚染状況の比較

チェルノブイリは、ヨーロッパ全土に影響を与えていましたが、福島原発は、日本(特に福島周辺)が主な被害地域となっています。

チェルノブイリ原発の廃墟写真

チェルノブイリ原発事故が起こってから、地域に住んでいた住民は、すぐに強制移住させられました。ほとんど何も持ち物を許されず、自宅などもそのままに移住したとされています。

大型のヘリコプターがチェルノブイリ原発事故の処理で使われましたが、そのまま放棄されました。現在でも、放棄された状態のままです。

船などが放置されたままになっています。

チェルノブイリ原発事故が起こる前までは、チェルノブイリ原発の周辺には数万人の原発従事者とその家族が暮らしていたとされています。公園には、観覧車も設置されるなど、生活が比較的豊かであった事がうかがい知れます。

市民プールも屋内プールで非常に設備が充実していた事が分かります。写真には、飛び込み台を見ることができます。

このような民家が多数放棄されて、既に斜めになって半分ほど倒壊している状態です。

原発事故後に地域に住んでいる人は何も知らされないまま避難させられたので、人形を持ち出す暇もなかった事をうかがい知る事ができます。

出典unkar.org

作業員は、放射能の危険を知らせれないまま、非常に軽装で作業に従事させられました。この結果、多くの作業員が後に病気を発症して死亡しています。

出典unkar.org

事故の処理は人力で行われたので、多くの作業員が大量被爆する結果となりました。事故後の作業で数多くの人が被爆によって亡くなっています。

原発事故の作業に使われたガスマスクが大量に投棄されています。すでに放射性物質などに汚染を受けており、外部に運び出すこともできません。

1





nobuyuki5さん

少しずつコンテンツの修正・加筆しています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう