1. まとめトップ

ダイアナ妃は暗殺?イギリス皇室の陰謀とダイアナ妃の情報まとめ【元チャールズ皇太子妃】

ウェールズ公妃ダイアナ(Diana, Princess of Wales;全名Diana Frances(旧姓Spencer)、1961年7月1日 - 1997年8月31日)は、ウェールズ公チャールズの最初の妃。1996年に離婚した。1997年、パリでの交通事故により不慮の死を遂げた。

更新日: 2014年06月09日

nobuyuki5さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13 お気に入り 274364 view
お気に入り追加

ウェールズ公妃ダイアナ

ウェールズ公妃ダイアナ(Diana, Princess of Wales;全名Diana Frances(旧姓Spencer)、1961年7月1日 - 1997年8月31日)は、ウェールズ公チャールズの最初の妃。1996年に離婚した。1997年、パリでの交通事故により不慮の死を遂げた。それぞれ第2位および第3位のイギリス王位継承者であるケンブリッジ公ウィリアム王子およびヘンリー王子の実母。

称号Princess of Wales(ウェールズ公妃)
全名Diana Frances
身位Princess(王子妃)
出生1961年7月1日
イングランド・サンドリンガム・ハウス
死去1997年8月31日(満36歳没)
フランス・パリ
配偶者ウェールズ公チャールズ(1981年 - 1996年)離婚
子女ウィリアム王子
ヘンリー王子
父親ジョン・スペンサー
母親フランセス・バークロシュ

長姉のセーラが1977年から1978年にかけてチャールズ王太子と交際していた。

スイスから帰国したダイアナは社交界にデビューし、1978年11月にバッキンガム宮殿で開かれたチャールズ王太子の誕生日パーティーで初めて将来の夫と対面する。ダイアナがこのパーティーに招待されたのは長姉のセーラが1977年から1978年にかけてチャールズ王太子と交際していたからである。この交際はうまくいかなかったが、チャールズはスペンサー家のことはよく知っていたのである。

結婚の当初こそ、仲が良さそうに見えた2人でしたが、王室で規則正しい真面目な性格のチャールズと、自由に生きてきたダイアナとは、もともと考え方が不一致だったようです。

それでもダイアナは、チャールズを愛してはいたようですが、当のチャールズはダイアナに疲れきっていたようでした。

結婚当初は、2人の仲は悪くなかったとは思うんですよね。お互いに愛し合っての結婚ではあったと思います。

ダイアナ妃とチャールズは、性格が合わなかった。

そして問題なのが、公人としてダイアナを妃にした事としかしダイアナは公人としてでは無く私人として愛して欲しかった事です。
ダイアナは彼を変えられると幻想を抱いてたのかもしれません。
ダイアナは言いたい事を言う性格ですので、キレて文句を言う日々が続いたのかもしれません。
しかし、チャールズはグッと考え込んで大事な事だけ発言するタイプです。
ですから元々の性格は真逆だったと思われます。
その為チャールズはダイアナに寄りつかなくなったのかもしれません。

カミラがチャールズにダイアナとの結婚を薦めたので、チャールズは、ダイアナと結婚するが、うまくいかなかった。

チャールズは、カミラとは一緒になれなかった。

チャールズは長くカミラと交際していました。カミラは軍人の娘で
階級制度の根強い英国においては王室に嫁ぐことはできませんでした。
チャールズが軍に入り、遠い任地に赴いている間にカミラは別の男性と結婚したのです。
王太子が独身のまま歳をとり、王室は慌てて花嫁探しをしました。
最初に白羽の矢がたったのが、スペンサー伯爵家令嬢であるダイアナの実姉です。

生誕1960年11月25日
アメリカ合衆国 ワシントンD.C.
死没1999年7月16日(満38歳没)
アメリカ合衆国 マサチューセッツ州マーサズ・ヴィニヤード
出身校P.A. アンドーヴァー、ブラウン大、ニューヨーク大ロースクール
職業弁護士、法律家、雑誌編集長
配偶者キャロリン・ベセット

38歳で飛行機事故によって死亡

長男の故ジョン・F・ケネディ・ジュニア氏と関係

27日付の英大衆紙サンは、故ダイアナ元英皇太子妃が1995年にケネディ元米大統領の長男の故ジョン・F・ケネディ・ジュニア氏と関係していたと報じた。元妃の友人シモンズさんの最新の著作の内容として伝えた。  同紙によると、ケネディ氏は自分の雑誌のインタビューに応じるよう元妃に依頼し、元妃は断ったが、代わりにニューヨークのホテルで面会。元妃は一目で同氏にひかれ関係を持ったと、シモンズさんに後に打ち明けたとしている。

シモンズさんはニューヨークのカーライルホテルで「ジョン・ケネディ・ジュニアとセックスをした」という衝撃的なダイアナ妃からの告白を1995年に治療中に聞いた。

7月1日に出版される「Diana: The Last Word」という本に、故ダイアナ妃が故JFKジュニアと不倫をしていたという暴露話が書かれているという。

著者のシモーヌ・シモンズさんは英国王室に親しくしている人物で透視能力がある心霊治療家。シモンズさんはニューヨークのカーライルホテルで「ジョン・ケネディ・ジュニアとセックスをした」という衝撃的なダイアナ妃からの告白を1995年に治療中に聞いたという。

ジョン・F・ケネディ・ジュニア氏は、1999年に家族と共に飛行機事故で死亡

1999年7月16日、JFKジュニアは小型飛行機「パイパー・サラトガ」を操縦し、アメリカ東部のニュージャージー州フェアフィールドのエセックス郡空港から、一家の別荘があるマサチューセッツ州マーサズ・ヴィニヤード島へ向かう途中、ロングアイランド沖の海上で消息を断った。懸命の捜索が行われた結果、20日にマーサズ・ヴィニヤード島南西沖約12キロの海底で、妻とその姉ローレン・ベセットと共に、遺体が発見された。米沿岸警備隊の発表によると、機体は胴体部分が水深約35メートルの海底に横たわり、中から3人が見つかったという。

非常に言いづらい事ですが、現地ではこの事故現場の慰霊碑を「うんこ」と言う人が多いそうです。

確かに形は「うんこ」に見えなくもない。

イギリスの情報機関によって殺されたという見方が非常に強いです。パパラッチのふりをして近づいて、人目につかないトンネルの中で車の中で愛人ごと殺したという説が有力です。

エジプト人の富豪であるドディ・アルファイド氏との交際

離婚して1年が経とうとしていたダイアナはその日、ある人物に会うために旅行の準備をしていた。9日前の8月21日、地中海の港町、南フランス・サントロペに向かった。そこに一緒にいたのはダイアナの最後の恋人、ドディ・アルファイド氏。ハロッズのオーナーでもあるエジプト人大富豪モハメド・アルファイド氏の長男。2週間ほど前「世紀のキス」と言われた写真が世界中の新聞・雑誌を飾った。

リッツ・ホテルは、ダイアナと一緒に亡くなったドディ・アルファイドの父親が所有するホテルで、このホテルを出発した後にダイアナが殺されました。

1997年8月31日、彼はダイアナ元妃と共にパリでの自動車事故で共に亡くなった。彼の死後、父親のモハメドは、ドディが死の直前にダイアナと正式に婚約しようとしていたことを暴露し、様々な憶測を呼ぶこととなった。

ダイアナ死亡事故は、闇の中に包まれたまま・・・。

都合のいいことに、実際の目撃者はおらず、すべての写真は没収される。

車を追いかけていたとされるカメラマンはいるが、決定的写真はまったく報道されていないことは興味深い。実際、パリ警察は、この証拠を没収した。世の中では、最初に市場に現われたときが一番価値があり、その写真の値打ちはだんだん下がっていく。この時間稼ぎは、ダイアナを追跡していたカメラマンが本当にカメラマンだったのかという疑惑を招くものである。

ダイアナ妃の写真

1





nobuyuki5さん

少しずつコンテンツの修正・加筆しています。

このまとめに参加する