1. まとめトップ

逆浸透膜ろ過による水道水の放射性物質除去まとめ

放射性物質を含む水道水ろ過に効果があるとが発表された逆浸透膜(RO膜)に関してまとめました。

更新日: 2011年04月04日

0 お気に入り 10924 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nuclearleakさん

所感:
寺岡精工の逆浸透膜ろ過システムによる放射性物質を含む水道水ろ過の結果、放射性ヨウ素131(600Bq/kg)及び放射性セシウム(32Bq/kg)が、検出できないレベルまでろ過できたことが発表され、ネットで話題となりました。
そのため、逆浸透膜ろ過にまつわる技術や製品に関する情報をまとめました。
現在の家庭用浄水器で一般的に用いられている活性炭系フィルターより、優れた効果があるようです。

ホット:
(2011.3.31)寺岡精工、自社の逆浸透膜ろ過システムによる放射性物質の除去効果を確認
『ECOAは水道水をろ過して純水を作り出す装置だが、放射性物質のろ過能力については想定外のため、実証的な根拠をこれまで示せていなかった。』
『福島県飯館村役場の協力の下、放射性物質を含んだ同役場の水道水を原水とし、ECOAのろ過能力測定を実施、放射性物質の除去に効果があることが確認された』
『同社では、今回の測定に用いた原水には、最大値で暫定規制値の2倍の放射性ヨウ素131(600Bq/kg)と、暫定値を下回る放射性セシウム(32Bq/kg)が含まれていたが、ECOAでろ過した試料からはいずれも検出されなかったことから、ECOAにより原水の水圧と水流が逆浸透膜(RO)のろ過機能を効果的に引き出した結果であるとの見方を示している。』
『なお、ECOAシリーズは業務用で、一番下のモデルとなる「ECOA-V80C(POCO)」の標準価格は250万円』
(放射性ヨウ素131を高い精度で除去できることが製品レベルで発表されたのは初めてでは?
ただし、業務用のため消費者が購入できるシロモノではない。家庭用浄水器なみの価格で逆浸透膜浄水器が発売することに期待したい。)
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/03/31/041/index.html?rt=mt
http://www.teraoka.co.jp/ad/ecoa110330.html
http://www.scienceplus2ch.com/archives/2994214.html

(2011.4.19)コーウェイ、家庭用RO浄水器フィルタで放射性ヨウ素/セシウムの除去を確認
『具体的な試験方法としては、2011年3月15日に福島県福島市において日本環境調査研究所が各種の試験用に採取していた雨水を活用する形で、4月11日にコーウェイのRO浄水器のフィルタシステム(ネオセンスフィルタ、ROメンブレンフィルタ、イノセンスフィルタの3フィルタで構成)を用いてろ過を行った。その結果、放射性ヨウ素I-131、放射性セシウムCs-137、Cs-134のいずれも検出されなかったという。』
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/04/19/033/index.html

逆浸透膜、活性炭、活性炭+中空糸膜、セラミック、4種類の浄水方法による不純物の除去能力比較(『不純物の除去能力』)
(塩素+カルキ臭、カビ臭、赤錆等の不純物、トリハロメタン、トリクロロエチレン、農薬など有機化合物、細菌、重金属、8種類の除去対象における効果比較をマル、サンカク、バツで表記している)
(逆浸透膜メーカーの寺岡が発表している内容なので客観的とは言えないが、現在の主要な浄水方法の分類は参考になる。)
http://www.teraoka.co.jp/product/other/ecoa.html

AQUA TECHNOLOGYによる逆浸透膜ろ過技術の原理(図がついていてわかりやすいです)
http://www.aquatec.jp/infomation/ro.htm

逆浸透膜(RO膜)
『逆浸透膜(ぎゃくしんとうまく)とは、ろ過膜の一種であり、水を通しイオンや塩類など水以外の不純物は透過しない性質を持つ膜のこと。孔の大きさは概ね2ナノメートル以下(ナノメートルは1ミリメートルの百万分の一)』
『逆浸透膜の孔の大きさは水の分子(1個が差し渡し約0.38ナノメートル)より数倍以上大きい。』
(小さな穴の空いたろ過膜を用いて、水の分子を通して、他の分子を通さないという原理で、ろ過を行うらしい)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%86%E6%B5%B8%E9%80%8F%E8%86%9C

AQUA TECHNOLOGYの一般家庭用逆浸透膜濾過浄水器CT2
(家庭用の逆浸透膜濾過浄水器らしい。)
(価格は、100000~178000円)
(アルカリイオン浄水器が二台買える価格。
活性炭系浄水器より高性能ではあるが、値段もそれなり。
ただし、ペットボトルでミネラルウォーターを購入している家庭なら、1,2年でペイしそうな価格。)
http://www.aquatec.jp/products/ct-2.htm
http://www.aquatec.jp/pdf/ct2.pdf

AQUA TECHNOLOGYのオフィス向け逆浸透膜ウォーターサーバーWater Planet HC-DX
(オフィス向けの逆浸透膜濾過浄水器らしい。)
(価格は、380000~530000円)
(当然ながら、家庭用には高すぎる。)
http://www.aquatec.jp/products/hc-dx.htm
http://www.aquatec.jp/pdf/hcdx1.pdf

寺岡精工の逆浸透ろ過システム
(放射性ヨウ素131(600Bq/kg)を含む原水を用いて、それを検出できないレベルまでろ過することが正式に発表された寺岡精工の逆浸透ろ過システム)
http://www.teraokaseiko.com/product/water/ecoa.html

Cowayの逆浸透膜浄水器システム
『LA国際発明展で「家庭用冷・温水浄水器」及び「ハイパック浄水器」が共に金賞を受賞』
『第24回国際発明展示会で「家庭用冷・温水浄水器」が金賞、無道力自動水位調節装置で銅賞を受賞』
http://www.coway.co.jp/lineup/water/
http://www.coway.co.jp/

(2005)EPA(Americaの環境保護庁)でアメリカの浄水器の会社(WATTS PRIMIER, INC.)から依頼を受け2005年にROメンブレインフィルターのCesiumの実験結果
(逆浸透膜によるセシウムの除去率が99%。逆浸透膜は確かにセシウムを効果的に除去可能。)
http://www.coway.co.jp/news/news/010018.html

(2011.3.24)Cowayの逆浸透膜浄水器システムの放射性物質除去性能
『放射性セシウムおよび放射性ヨウ素を始め、その他の主要な放射性物質の分子量は、RO膜の分画分
子量に比べて大きいため、RO膜を通過することができません。よって、弊社の浄水器でも十分に除去可能ですので、
ご安心下さい』
(RO膜の分子量は50。
放射性セシウムの分子量は137。
放射性ヨウ素の分子量は131。
放射性ウランの分子量は235。
放射性プルトニウムは239。
RO膜の構造上、上記の放射性物質はほぼRO膜によって除去可能なことがわかる。)
http://www.coway.co.jp/news/news/010017.html

逆浸透ろ過システムECOAにおける、寺岡精工と株式会社テラオカの関係
(寺岡精工が逆浸透ろ過システムECOAの販売元。
株式会社テラオカは1951年に社寺岡精工所の販売部門より独立して設立された会社で、1984年に現在の『株式会社テラオカ』という社名に変更している)
http://www.teraokaseiko.com/gaiyou/history.html
http://www.teraoka.co.jp/company/history.html

とある有名大教授の水浄化論
(現在の主要な浄水技術についてまとめられています。)
(ヨウ素除去には、活性炭、銀保持型高分子フィルター。
セシウム除去には、イオン交換樹脂、ゼオライト、RO膜)
『ヨウ素除去:活性炭が有名ですが銀を用いることもよいと思われます。』
http://www.j-cia.com/article.php?a=6823

1