1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Mammiさん

不妊原因「卵子の老化」が約半数 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120623/t10013059751000.html (の続き)

この内、医療機関からの回答からは、女性では30代半ばを過ぎると卵子の質が低下して妊娠しづらくなる「卵子の老化」に原因がある患者の割合が平均で47%と半数近くに上る。
また、初診患者の平均年齢を35歳以上と答えた医療機関は77%に上った。
10年前は20%にとどまっていたことから、卵子の老化によって妊娠が難しくなってから治療に駆け込む人が相次いでいる実態が、初めて明らかになりました。
一方、35歳以上の女性患者の中で、不妊治療を始めるまで「卵子の老化」について「知らなかった」と答えた人が、55%と半数を超えました。
こうした患者の53%が、体外受精をすれば45歳まで妊娠は可能と考え、中には50歳まで可能と考えていた患者も17%いました。
日本産科婦人科学会によりますと、体外受精など高度な不妊治療で出産できる確率は、卵子の老化の影響で、45歳では0.5%に低下します。
不妊の問題に詳しい東京の国立成育医療研究センターの齊藤英和医師は、「卵子が老化することが知られていないことで、高齢になっても治療を受ければ十分に妊娠は可能という誤解を生み、不妊に悩む夫婦の増加に拍車をかけている。卵子の老化について、きちんと知らせる仕組みを作る必要がある」と指摘しています。

卵子老化 医療機関の説明に課題 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120624/k10013063861000.html
女性が年を重ねるとともに妊娠しづらくなる「卵子の老化」について、専門の医療機関の8割が患者の理解が足りないとする一方、患者の7割近くは医療機関の説明が不十分と考えていることがNHKの調査で分かりました。
「卵子の老化」は30代半ばを過ぎた女性の妊娠が難しくなる原因の一つで、NHKが全国の専門医療機関と患者を対象に行った調査では、卵子の老化による不妊が広がっている実態が初めて明らかになりました。
この調査の中で、医療機関に対して患者の卵子の老化への理解が不十分と感じるか聞いたところ、「おおいにある」が43%、「たびたびある」が37%と、8割の医療機関が患者側の理解に課題があると回答しました。
一方、患者を対象にした調査では、医療機関から卵子の老化について、「説明されていない」と回答した人が31%、「明確には説明されていない」が36%と、7割近い患者が医療機関の説明が不十分だと感じていることが分かりました。
35歳以上の女性では、治療を始めるまで卵子の老化について知らなかったと答えた人が半数を超えていて、医療機関には患者が納得して治療に取り組めるようより丁寧な説明が求められます。

現生人類の人口が爆発した原因は、ある病原体の克服にあった?http://maash.jp/archives/14325
2012年6月6日 Posted in: 世界のニュース
Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
現在地球上に残る現生人類が、ネアンデルタール人と分かれていった理由は、言語ではないかもしれない。
5日にデイリーニュースが報じたニュースでは、それは謎の疫病が原因だった可能性があるとした。

ネアンデルタール人がかかった疫病は、敗血症や髄膜炎に似た症状を起こすもので、これが乳児を攻撃した。
一方、現生人類は、免疫反応を変化させたのか、特定の遺伝子変異を持つ人が生き残り、その後爆発的に現生人類は増加した。10万年ほど前のことだ。

ボトルネックと呼ばれる人口の爆発的増加直前の時期の謎は、いまだ解明されていない。
気候変化、火山噴火、言語のような文化的要因。

研究者は、ボトルネック以前に新生児を攻撃していたかもしれないウイルスは、ある2つの遺伝子を目的にしていたと発表している。
そして、今の我々の元となっている先祖は、その2つの遺伝子を突然変異で破棄したという。

それによって、新生児の生存率は飛躍的に高まったという可能性がある。
当時、アフリカにいた現生人類の人口は5000から1万人だった。

● 金環日食 過去にこれだけの大地震(ゲンダイネット) - livedoor ニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/6581980/
 金環日食ブームの一方、見逃せないのが「日食と地震」に関する不気味な諸説だ。
 月と太陽の引力が地球に大きく作用することは科学的に証明されている。独立行政法人「防災科学技術研究所」は10年1月に、「地殻のひずみが十分にたまったときに、月や太陽の引力が地震発生の最後の引き金になると考えられる」と発表したから、日食が大地震を引き起こしてもおかしくない。
 さらに、「ニュートリノ説」も出てきた。今月6日、米ケーブルTVチャンネルが、「日食と地震」の関係を指摘。日食になると太陽から放射されるニュートリノが月のレンズ効果で増幅され、地球の核に影響。その核に引っ張られた圧力波が地表に伝わるという。ニュートリノが集中して降り注ぐのが、日食が見られる地域の軌道上だ。
 例えば、1999年8月11日。ヨーロッパで皆既日食が観測されたが、その6日後の17日、死者約1万7000人を出したイズミット地震(トルコ)が起きている。ヨーロッパなどで皆既日食が見られた06年3月29日には、2日後の31日に日食帯付近のイラン西部で死傷者1000人を超える大地震が発生している。
 ちなみに、21日の金環日食をバッチリ観測できる地域は、房総半島、東海・東南海・南海地震の発生予想地域となぜか重なる。
 迷信であって欲しいが……。

今後10年間で絶滅してしまうかもしれない10種の動物 - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20070524_10animals_may_go_extinct/
レイヨウの一種であるダマガゼルは、ここ10年で生息地の破壊や密漁によって80%が減少しました。残るわずか100頭程度がチャドやニジェール、マリなど北部アフリカに生息しています。
参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%BC%E3%83%AB

メチャ! カラフルなカメレオン

世界中のクリエイターをフォローする
      https://www.tumblr.com/ より。

● “春のしもやけ”にご用心!寒暖差で手足にかゆみ
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/fuji-zak20120314003/1.htm
≪春先のしもやけ撃退8カ条≫
□両親や祖父母などにしもやけになった人がいる場合は、自分もなりやすいと心得る
□手先や足先が冷たい、あるいは、耳たぶがジンジンするときには、しもやけの第一歩と心得る
□朝晩の温度差が激しいときには、着脱しやすいマフラーや手袋、マスク、耳当てなどを活用する
□汗ばんだ足を放置しない。予備の靴下を用意し、指と指の間などの汗をしっかりふき取った後に履き替える
□熱い湯船にいきなり入らない。ぬるめのシャワーで足先をさすり、ゆっくり温めた後に湯船へ
□湯上りにはしっかりと水滴を拭き取る
□ビタミンEの入ったクリームを活用して、寝る前などに足先や手先をやさしくマッサージする。ゴシゴシこするのは×
□以上のしもやけ対策をして1週間以上症状が改善されない、あるいは、悪化した場合は、医療機関へ受診を

● JAXA|「きぼう」に搭載された全天エックス線監視装置(MAXI:マキシ)と米国スウィフト衛星を用いた観測による成果論文の英科学誌「ネイチャー」への掲載について - 巨大ブラックホールに星が吸い込まれる瞬間を世界で初めて観測 -
http://www.jaxa.jp/press/2011/08/20110825_maxi_j.html

● 『iPhone』が水没した時の応急処置6つのポイント  http://news.livedoor.com/article/detail/5664049/

● 1万円以下で買えるAndroidスマートフォン「TCL A906」は中華Padに続くのか(GIGAZINE)
http://news.livedoor.com/article/detail/5667639/
ようやくSIMフリー化が進み始めた日本ですが、携帯電話会社と契約せずにスマートフォン本体を安価に購入するのは至難の業。

「特段高いスペックはいらないけど、SIMフリーの安いスマートフォンが欲しい」という需要は必ずあると思われますが、すでに中国では1万円以下で購入できるスマートフォンが流通していることが明らかになりました。

iPadのヒットを受けて、1万円程度で安価に購入できる中国製Androidタブレット端末(いわゆる「中華Pad」)が秋葉原や日本橋のパソコンショップをにぎわせましたが、今後は安価な中国製スマートフォンが話題を集めることとなるのでしょうか。

1 2