1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

2011-03-23 02:10:06 悲しすぎるネット被害

皆様、本当はこういう事はブログでは書きたくありませんでしたが、 この度、はっきりとさせて頂きたいことがあります。
これ以上の我慢も限界に達してしまいましたので、書かせて頂きますね。

「火のない所に煙りが立つ」のがこの業界。今まで相手にしてこなかった噂話。
悪意に満ちた事実無根のつくり話で誹謗中傷されしょぼん  またか・・・と思いながら、ただただ傷付いてきましたが、耳を疑うような・・・あり得ない・・・
そのような酷い発想の話が浮かぶそんな人間がいる事自体信じられませんでした。

また、このような作り話をまことしやかにネット上に流し誹謗中傷する人間・・・
そして、それをうのみにして信じている人達がいる事に、更にビックリ仰天すると共に、 怒りが深い悲しみになりましたしょぼん

インターネットは不特定多数の人が、自由な意見や情報の交換が可能な便利なツールですが、
根も葉もない噂話や、作り話がさも本当の話のように、ネットを駆け回る恐ろしさも同時に兼ね備えています。
今回、私がその被害に遭いインターネットの恐ろしさを、正に身を持って感じています。 そして、同様の被害を受けている人達が、沢山おられるのではないかと・・・本当に残念に思います。

その被害とは、「16年前、神田うのが、阪神淡路大震災の時の被害で死亡した人達の人数を賭けていた」
などと言う、想像しただけでも恐ろしい事実無根の酷い作り話しがネット上を駆け回っており、
私のブログに寄せられるコメント等にも「こういう話をインターネット上で見つけましたが本当ですか?」 という質問も届いています。
このような話を半ば信じている方々も少数ながらいらっしゃる事自体にも、
深い悲しみと共に凄いショックを受けましたしょぼん

http://ameblo.jp/unokanda/entry-10838041308.html
http://megalodon.jp/2011-0408-0735-17/ameblo.jp/unokanda/entry-10838041308.html

http://news.livedoor.com/article/detail/5474910/
http://npn.co.jp/article/detail/50676129/
http://media.yucasee.jp/posts/index/7183
メディアソースあり
ほとぼり冷めるのを待っていた。

ほとぼりが冷めかけたときに同じような震災が起きた。

ヤバイ!蒸し返されるかも?と思う。
そして「20年近く前の雑誌なんて誰も持ってないだろw
どうせ事実なんて出てこないだろw」と思い
「こんなウソの噂があります!」とブログで否定し、先手を打つ

それが事実を知る人の逆鱗に触れてソースが出される

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%94%B0%E3%81%86%E3%81%AE
神田 うの(かんだ うの、本名:西村 うの(旧姓:神田)、1975年3月28日 - )は、日本の女優・タレント、ファッション・デザイナー。芸能事務所スペースクラフト所属。
雑誌『uno!』1997年11月号掲載のインタビューで、阪神大震災のとき死亡した人の人数を、番組スタッフと一緒に賭けていた事を告白している。父親は旧通産官僚で、原子力発電安全管理課長を担当していた。

1