1. まとめトップ

<歯の磨き方>歯周病対策、虫歯で口臭ひどい人はこう磨け→スクラッビング法

会社のお昼時に歯を磨く人が増えています。よい習慣ですね。しかしただ漫然と歯ブラシを上下させているだけではありませんか?あなたの歯磨き、本当にそれでいいんですか?

更新日: 2012年05月10日

96 お気に入り 113526 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

-聖少女-さん

口臭予防・虫歯予防の歯ブラシの仕方

バス法

歯周病の予防や治療に効果的な方法です。歯と歯茎の間の歯垢を取りながら歯茎をマッサージします。注意点は力を入れすぎたり、硬めの歯ブラシをつかったりすると歯茎を痛めてしまいます。また、歯ブラシのヘッドは小さいものがいいでしょう。

つまようじ法

歯周病予防と口臭予防にむいていますが、平面のブラッシング効果が弱いため虫歯予防には向いていません。
歯ブラシのヘッドは2列植毛のものが使いやすいでしょう。
また、力を入れすぎて磨くと歯茎を傷めてしまうだけでなく、全く歯磨きの意味がありません。

ローリング法

歯の表面の汚れや歯垢を取り、歯茎のマッサージができる方法。歯茎から歯の方へ(上の歯は上から下へ、下の歯は下から上へ)歯ブラシを歯ぐきにあて、歯ブラシを半回転させて歯垢をかき出すように磨きます。歯並びがよく、歯茎が健康な方に適していて虫歯や歯周病が気になる方に向いています。

スクラッビング法

歯と歯茎の境目や奥歯の裏側、噛み合わせ面の歯垢を振動による摩擦で落とす方法。毛先を歯の表面に垂直に当て、細かく(歯一本分程度)前後に動かして磨きます。力を入れすぎると歯茎を傷つけるので注意しましょう。 小学生までの子供や虫歯が気になる方に向いています

フォーンズ法

力のない幼児やお年寄りに適した方法。歯を噛み合わせた状態で、歯ブラシを歯に対して垂直に当て、円を描くようにしてグルグルと上下の歯を一緒に磨きます。歯の裏側は毛先を当て小さく前後運動させてみがきます。

水平法

力のないお子様やお年寄りに適した方法。毛先を歯に垂直(90度)に当て、水平(近遠心方向)を保ちながら横に往復運動します。

【生理的口臭】
健康な人にもある口臭です。朝起きたときや空腹時、緊張して唾液の量が減った時などに出やすくなります。病的なものではないので、ちょっとした注意や気配りで抑えることが可能です。

【外因的口臭】
ニンニクやニラを食べた後やタバコを吸った後に一時的に出るものです。

【病的口臭】
全身的な病気が原因の口臭はごく少数。ほとんどの原因は歯周病やムシ歯、お口の中不潔、綺麗不足です。お口のケアをすることでほとんどの口臭は防ぐことができます。

朝フラフープしながら歯磨きしてて、腰に専念したら手が疎かになり手に専念したら腰が疎かになり…つまりは、びーえるって大変だなぁと思いました。

朝おきて、髪がなんかちょっとボサボサになってて、そのまま男性のシャツだけ着て歯磨きとかやってる姿。抱きしめますね~。(Yuchun)

1 2