1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

この記事は私がまとめました

-聖少女-さん

NTTドコモでもiPhoneは使えます。

SIMフリーiPhoneは、特に難しいこともありません。

NTTドコモでSIMロックフリーのiPhoneを使ってみましょう。

SIMフリーのiPhoneを利用した場合、ドコモでは「PC接続」に該当するようです。
これは、PCから携帯電話をモデムとして接続した場合と同じ料金になるということです。

SIMフリー版iPhone 3GSは通常サイズのSIMカードを使うので、NTTドコモのSIMカードをそのまま利用できる 。だが、SIMフリー版iPhone 4をNTTドコモのネットワークで利用するには、日本通信が提供するmicroSIMカードを用意する必要がある

iPhone独自のネットワークサービスが使えないなど不便な点も

日本国内の場合、多くはアップルが発売する情報端末のうち、オペレーティングシステムにiOSを搭載しているiPhone及びiPod touch、iPadにて、App Storeで販売、配布されていないアプリケーション(要するにアップルの認可を受けていないアプリケーション)を動作可能にした状態を指し、「脱獄」と呼ばれることもある。

通常のiPhoneまたはiPod touchにインストールできるアプリケーションは、基本的に App Store と呼ばれるアップルが認可したアプリケーションを販売している窓口で入手したアプリケーションのみであるが、Jailbreakツールは App Store では公開されていないサードパーティアプリをインストール可能にし、またアプリのインストーラを追加するようにファームウェアを書き換える

SIMロック版のiPhoneは購入後、販売している地域でiPhone専用の料金プランを契約しなければ緊急電話としてしか機能しない。このロックを解除する行為がアンロックである。

iPhone/iPod touchを接続したMacintoshまたはWindows上でJailbreakを行うことのできるツールがいくつか発表されている。わずか1クリックでJailbreakできるよう工夫されたものも存在する。

また、Jailbreak後に非純正アプリを内蔵無線LAN経由でインストールするiPhone/iPod touch向けツールも存在する。

@kuritez DoCoMoユーザーだったらSIMフリーのiPhoneを輸入業者から買うって手もあるけれど、iOS搭載のガジェットをいくつも持ってても意味ないなぁって最近よく思いまっす。アンドロイドは端末毎のOSの仕様にバラつきがなくなったら乗り換えようかと検討中でっす。

日本で販売しているiPhoneは日本国内ではSIMロックで良いですが、海外ではSIMフリーにならないですかね。iPhoneを2台持つのにくたびれます。もし海外でフリーになればiPhone4に切り替えるのだが。

現地では久々にSIMフリーiPhone3GSが真価を発揮して活躍する予定。もっとも、台北はWifi網も発達してるそうなので、3Gデータ通信でなくてもいいみたいだけどw

@23net SIMフリーのiPhoneって、すげえ高いってことない?5万以上とか。そんなもん?相場がわかってないけど。

@aa366 SIMフリーのiPhoneと言ったら香港だけど、香港のiPhone4は日本とほぼ同じ値段みたい。日本の業者から買うと1.5倍以上の値段だけど。去年あそこで買ったXperiaはクソだったからすぐ売ったけど、来月香港行くからまたお店覗いてくるよ〜

@alchu_mokichi まあSIMフリー版は米から輸入すればいいんだけど、しばらくはiPhone5待ちかな。64GBモデルが出るだろうし。iPhone自体が高機能だからテザリングは使わんかな。

1 2