1. まとめトップ

【忍たま】聖地巡礼の旅【尼崎+α】

ノリで行くことになった尼崎探索。7時間で12ポイント(+α)を巡るいけどんな旅。後半はほとんど綾部の宣伝みたいになっています。 2012年6月追記

更新日: 2017年07月14日

119 お気に入り 118949 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sayさん

今回行った場所は、ざっとこんなもんです。
3エリアに分けてまとめていきます。

エリア1:JR尼崎~立花間

JR尼崎駅を出発して、立花駅に向かうまでの7箇所。
「次屋」は標識が出てこなかったので獲得ならず。

改札の上にある案内板。おいしい文字列^p^

JR尼崎駅、線路の北側へ徒歩7分ほどのところにある潮江公園。
広い野球グラウンドなどがある。鍛錬にちょうどいいです。あっという間に一人制覇(ಠิ౪ಠิ*)ギンッ

潮江町を北上すると、すぐに「久々知」が現れる。
しかも、現れたらなかなか消えない。この後西の尾浜町が出てくるまで、ひたすら久々知。

久々知1丁目の広済寺には近松門左衛門の墓がある。

日陰ぼっこ~。

潮江町のすぐ東に隣接しているのに、先に久々知が現れてしまったせいで方向感覚を失う。標識が目立たない場所にあるため、しばらく捜し歩く羽目になった。

久々知に出会った場所から徒歩10分弱。
福知山線の踏切をわたって西久々知を越えると、勘ちゃん登場。

北の方に行くと、名神高速道路沿いに「尾浜公園」があります。

勘ちゃんにバイバイしたら、JR線の線路にあたるまで南下。線路沿いに立花駅を目指して15分ほど歩くと「三反田」の標識が出てくる。
途中雨がパラついて寒くて泣きそうだった。

三反田踏切だ!
上に小さく書かれてる「立花No.1」にすでに負けてる。

立花駅を背にして尼崎駅へ向かう1つ目の踏切。この標識は線路の南側にあります。

やっと会えたよ^p^

三反田踏切を渡って線路沿いに立花駅方面へ歩くと、そのへん一体が「七松町」です。

お兄ちゃんにお手玉にされちゃうので、子供はここで遊んではいけません。


線路沿いにある駐車場。
無断駐車厳禁!

尼崎駅を出発してから実に小一時間。ようやく仙さまのもとに。バスロータリーがあったり駅ビルがたくさんあったりして、けっこうな繁華街だった。

フェスタ立花とか、立花ジョイタウンとかいう名前の駅ビルがあり、中で何が行われているのか気になるところ。仙さまの楽しげな姿が目に浮かぶ。

小腹が空いたので休憩。

この他の生徒たちはあちこちに点在しているため、正直ちょっと萎えてきた。
「食満?もうよくね?^p^」「伊作?もうよくね?^p^」

しかし、私たちはへこたれなかった!
重い腰を上げて再び出発したのです。

七松神社 (2012.06.19追記)

七松神社にようやく行けた!
今回は大阪梅田からの出発。JR東海道本線で立花駅下車。三宮・西明石方面に乗るのです。宝塚行きに乗ると不運が待っています。私は間違えて宝塚行きに乗ってしまいました。(宝塚行きは尼崎から北に分かれて猪名寺駅を通ります。1つ手前の塚口で気づいて戻った。)

七松神社は立花駅から徒歩5分くらい。

正式名称は七松八幡神社。
住宅街にぽつりとある、とても小さな神社です。

創祀は寛仁3年。源頼信が訪問した際に、ひとりの子供が村の貧困を訴えたので、松の木のもとにあった小祠をととのえ、松を6本植えたそうです。

厄払いもできるので、ここでお参りをしていけば不運もあっというまに吹き飛ぶはず!
宮司さんの楽しいお話も聞くことができます。

なかに白いお稲荷さんがいる。

七松神社の境内には、戦国時代に七松で命を落とした武士やその家族の慰霊碑があります。

七松神社のおみやげ。
うちわは配っているもの。学年カラーの虹とお狐さま、隠れちゃったけど下に松模様が7つ並んでいます。絵馬は尼子先生特製で2種類あるの。松柄のお守りも忘れちゃいけない。

エリア2:猪名寺~園田駅

実は、行くのに一番乗り気のしなかったエリア。
まあまったくもってひどい不運に見舞われた。


立花からJRで尼崎駅に戻り、そこから福知山線で「猪名寺駅」→下車して徒歩で食満→福知山線で一駅戻り「塚口」下車→徒歩で阪神神戸線塚口駅→園田駅下車で善法寺

今思えば、猪名寺が各停しか止まらないことを考えると、食満~善法寺まで歩いても時間的に大差なかったのかと・・・。

福知山線(宝塚線)の「猪名寺」駅
駅周りとくになにもなし。各停駅なので乗れる電車がなかなか来ない。
散々待たされる不運。

猪名寺駅から東南方向に10分弱歩くと「食満」です。
写真ブレてるし、標識ヨレてる。

猪名寺駅から食満に向かう道にある、「神崎高級工機製作所」

この次の駅は「神崎川」。
神崎川は、下流にある阪神電鉄本線「杭瀬」付近で「左門殿川」となります。

園田駅から徒歩5分、藻川の土手にかかる橋のひとつに「善法寺橋」というのがある。
少し離れた左右に車の通る橋がかかっているのにたいし、善法寺橋は人間(と自転車?)しか通れない。非常に目立たない橋である。

とっくに陽が落ちて辺りが暗かったのと橋名がぼーぼーの草で隠れていたため、川周辺を30分以上探し回った。これまで順調に旅してたのに、一気に不運に突き落とされた。

伊作「もー、おそいよぅー。」
けま「おまえ!どこにいたんだよ!みんなで探しただろう!!(◣囲◢╬)」

という脳内劇場を繰り広げて不運をごまかす。
街灯にライトアップされた伊作が綺麗すぎてイラっとした。

エリア3:阪急尼崎~出屋敷

最終決戦区域。

伊作を救出したあと、園田駅南口からバスに乗り「阪急尼崎駅」を目指します。
ちなみに、同じところから大木先生の住む「杭瀬」に行くバスも出てる。

車窓から見えたやきとり屋。
狙っているとしか思えなくて、大急ぎでシャッターを切った。


バスはこの後「次屋」「神崎川」停留所を経由して
阪急尼崎駅に入ります。

1 2





このまとめへのコメント2

  • sayさん|2013.08.01

    わ!ほんとですか!!次いったらぜったい探します!!^p^

  • kiko_kkkさん|2013.07.30

    尼崎は地元なので私もよく聖地巡礼をしています!七松に小平太というお店があるんです^^きっと喜三太をみつけたときのように嬉しくなると思うのでぜひ探してみてください!

1