# サウスポー(1978/3/25)

当時まだ珍しかった「オリコン初登場1位」を達成。歌詞中には同時代のスターであった王貞治をイメージした打者が登場する(→参照)。また、高校野球の応援歌では、現在も山本リンダの「狙いうち」等と共に定番の曲である。
同曲にはお蔵入りになったバージョンが存在する。こちらは歌詞も曲調も異なり、王貞治をイメージした打者も登場しない。こちらはレコーディングまでされたものの日の目を見ることはなかった。なお、没バージョンの「サウスポー」は、1998年1月12日に日本テレビ系列で放送された『スーパーテレビ情報最前線 特別版 今夜公開! 山口百恵・ピンク・レディー伝説』でごく一部が流れた後、2008年になって阿久悠の作詞作品を集めたCD-BOX『続・人間万葉歌』に収録され、ようやく商品化された(「サウスポー<未発表バージョン>」として収録)。
神州一味噌のCMではこの曲のパロディが歌われた。
『魔女っ子チックル』 第14話「敵はガリ勉スーパーマン」では挿入歌としてこの曲が使用されていた。

# モンスター(1978/6/25)

出だしから「ワハハハ…」という不気味な悪魔の声に、二人が「キャー!」と叫ぶイントロが話題に。

# 透明人間(1978/9/5)

三角ブラとホットパンツを基調としたシースルーの衣装が話題に。B面は『飛べ!孫悟空』の主題歌「スーパーモンキー孫悟空」。

# カメレオン・アーミー(1978/12/5)

オリコンにおいて、初登場88位→翌週1位という珍記録を達成。正式な発売日以前にフライング発売された分がオリコンに集計されたため。
『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』 第74話「恐怖のカメレオン人間」では挿入歌としてこの曲が使用されていた。
松田優作主演のアクション映画、『俺達に墓はない』では、島とヒコのアジトであるバー亜邪馬の店内で、島が都築興業襲撃の最初の打ち合わせをヒコとしていた時に、この曲が流れていた。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

実はアメリカで成功していたピンクレディー

ピンク・レディー(Pink Lady)は、1970年代後半に活躍したデュオのアイドル。ミー(現:未唯mie、本名:根本美鶴代、1958年3月9日 - 、A型、静岡県静岡市葵区出身)とケイ(現:増田恵子、本名:桑木啓子(旧姓:増田)、1957年9月2日 - 、O型、静岡県静岡市葵区出身)の2人組。

このまとめを見る