# ジパング(1979/3/9)

デビュー曲以来続いた出荷枚数の連続100万枚突破記録、「S・O・S」以来続いたオリコン連続1位記録が途切れるが、総シングルレコードの売上合計枚数が1000万枚を突破した。これもオリコン史上初となる快挙であった。
「カメレオン・アーミー」と同じく、『俺達に墓はない』で、島が都築興業の襲撃に失敗し、滝田と手を組み、店に帰ってきて、ミチが店を開いていた時に、この曲が流れていた。

# ピンク・タイフーン (In The Navy)(1979/5/1)

ヴィレッジ・ピープルの「In The Navy」をカヴァー。同じカヴァー曲の渋谷哲平「ヤング・セーラーマン(In The Navy)」と競作となる。

# 波乗りパイレーツ(1979/7/5)

B面の「USA吹込盤」は、ビーチ・ボーイズがコーラスに参加。

# KISS IN THE DARK(1979/9/5)

全米デビューシングル。ビルボード誌の「HOT 100」で37位にランクインした。総合チャートにおいては坂本九に次ぐ記録。2009年までの時点で40位以内に入った最後の日本人歌手となる(ラジオ番組“American Top 40”の影響もあり、40位以内へのランクインがヒット曲の基準として重視される傾向にある)。

# マンデー・モナリザ・クラブ(1979/9/9)

阿久悠・都倉俊一のコンビが「そろそろ、子どものお客を無視した、ミーとケイ、ふたりのための曲を作ろう」と話し合った上で作りあげた、アダルトな魅力にあふれた楽曲。

# DO YOUR BEST(1979/12/5)

1980年のモスクワオリンピックに出場予定だった日本選手を応援するため、「がんばれ! ニッポン募金 Do your best!」というキャッチフレーズでピンク・レディーが選手強化募金を呼びかけた曲。その後政治的理由により、アメリカに続き日本もモスクワオリンピックをボイコットし、強化募金呼びかけは消滅。CⅩ”夜のヒットスタジオ”では披露されていない。

# 愛・GIRI GIRI(1980/3/5)

発売当時、ピンク・レディーはアメリカで活動中だったため、テレビでほとんど歌われなかった曲。

# 世界英雄史(1980/5/21)

日本帰国後のシングル。当時解散説が流れ、2人と事務所は当初完全否定していたが、それから約3か月後の9月1日に解散宣言を公表する。

# うたかた(1980/9/21)

アメリカで発売したアルバム『ピンク・レディー・イン・USA』収録曲「Strangers When We Kiss」の日本語バージョン。歌詞もサウンドもセクシーな雰囲気で、後期ナンバーの中でも人気が高い。

# リメンバー (フェーム)(1980/12/5)

後に映画『フラッシュダンス』の主題歌を大ヒットさせるアイリーン・キャラが歌った、映画『フェーム』の主題歌を日本語でカバーしたもの。

# Last Pretender(1981/1/21)

発表当時からテレビで歌われたことが一度も無く、2005年5月27日に行われた『〜グランドフィナーレ〜MEMORIAL CONCERT SPECIAL』の最中に、コンサートの中で歌っていないシングル曲があるが、歌うことを封印したことが告げられ、実際に最後まで歌われることは無かった。よって振り付けなどは不明。
1980年に発売されたラジの「偽りの瞳」(作詞: 高橋幸宏・大村憲司、作曲・編曲・プロデュース: 高橋幸宏)と異歌詞同曲で、作詞は糸井重里、編曲とプロデュースは高橋幸宏自身が手がけたテクノ歌謡。

# OH!(1981/3/5)

ラストシングル。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

実はアメリカで成功していたピンクレディー

ピンク・レディー(Pink Lady)は、1970年代後半に活躍したデュオのアイドル。ミー(現:未唯mie、本名:根本美鶴代、1958年3月9日 - 、A型、静岡県静岡市葵区出身)とケイ(現:増田恵子、本名:桑木啓子(旧姓:増田)、1957年9月2日 - 、O型、静岡県静岡市葵区出身)の2人組。

このまとめを見る