24:病弱名無しさん:2009/05/15(金) 07:06:31 ID:gJszIqYw0

-アルビノについての誤解-

白変種

白変種(en:Leucism)は突然変異で生じた白い個体であるが、
アルビノとは別の遺伝形質で、発生のメカニズムや関係する色素が異なる。
しかし白変種がアルビノをさす用語として用いられることが多い。
また、シロヘビやアルビノの観賞魚などのように、自然にあるいは
人為的にアルビノの遺伝形質が固定されたものが白変種と呼ばれる場合もあり、
一般の間で用いられる場合にはその定義は明確ではない。
また、白い外見や「ホワイト-」「シロ-」などの名称から白変種は
アルビノと勘違いされやすく、両者は混同されているのが実情である。

アルビノと白変種は目の色で見分けることができる。
アルビノは脈絡膜にメラニンがなく眼底の赤色が透けて見えるが、
白変種は脈絡膜にメラニンがあり瞳孔が黒い。
ただしアルビノの中にも、脈絡膜に微量のメラニンを持ち、
瞳孔がブドウ色(黒っぽい赤色)のものがいる。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【アルビノだけど質問ある?】2ちゃんねる

みんなに知ってもらおうとたてました 少しでも偏見がなくなるとうれしいお。

このまとめを見る