(2011.5.11)ロシアの科学者アレクセイ・ヤブロコフ博士『放射能の影響は7世代に及ぶ』
『国際原子力機関(IAEA)は「最大9千人」としているが、ばかげている。私の調査では100万人近くになり、放射能の影響は7世代に及ぶ。』
ウクライナの病院で働いた経験も持つマルティン・ヴァルター内科医『イギリスにあるセラフィールド( Sellafield ) の使用済核燃料の再処理工場に勤務する人たちの子どもには白血病のリスクが高い。これは父親の吸収線量と関係があり、子どもたち自身は放射線にさらされていない。』
(父親が被爆することで、その子供の白血病の発症率が向上するという発表)
http://infosecurity.jp/archives/8494

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

原発事故に関連する放射線被ばく者及びその子孫の不妊化と遺伝疾患まとめ(遺伝子疾患まとめ)

福島原発事故によって、今後長期わたり影響をもたらすと想定される放射線被ばく者の子孫の遺伝疾患についてまとめました。

このまとめを見る