1. まとめトップ

岡本太郎のパブリックアート探訪【関東編】

岡本太郎のパブリックアートを地域別にまとめる【関東編】です。岡本太郎に会える場所。

更新日: 2018年03月05日

46 お気に入り 126285 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

curatorさん

岡本太郎

これからの芸術はシネマ、ラジオ、テレビジョンに見られる如く、
却って極めて大量に生産され、ひろく一般の身近にふれるものこそ価値がある。

参考文献

●銀座数寄屋橋公園(東京・銀座)

昔、見に行ったことがあるが、夜にライトアップしているとは知らなかった。

●日本橋高島屋通路(東京・日本橋)

●松竹セントラル劇場(東京)

●旧東京都庁(東京)

●大和証券ホール(東京)

【作品】踊り

1956(昭和31年)45歳
・9月/東京大手町・大和証券ホールに陶板レリーフ壁画《踊り》を制作。

●府中多磨霊園(東京)

●東京青山こどもの城(東京)

1 2 3 4 5 6