1. まとめトップ

ダイアナ元英皇太子妃の美しかった写真・画像まとめ

ウェールズ公妃ダイアナ(Diana, Princess of Wales;全名Diana Frances(旧姓Spencer)、1961年7月1日 - 1997年8月31日)は、ウェールズ公チャールズの最初の妃。1996年に離婚した。1997年、パリでの交通事故により不慮の死を遂げた。

更新日: 2013年08月18日

nobuyuki5さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 145192 view
お気に入り追加

ダイアナ元英皇太子妃

称号Princess of Wales(ウェールズ公妃)
全名Diana Frances
身位Princess(王子妃)
出生1961年7月1日
イングランド・サンドリンガム・ハウス
死去1997年8月31日(満36歳没)
フランス・パリ
配偶者ウェールズ公チャールズ(1981年 - 1996年)離婚
子女ウィリアム王子
ヘンリー王子

ダイアナ元英皇太子妃

ウェールズ公妃ダイアナ(Diana, Princess of Wales;全名Diana Frances(旧姓Spencer)、1961年7月1日 - 1997年8月31日)は、ウェールズ公チャールズの最初の妃。1996年に離婚した。1997年、パリでの交通事故により不慮の死を遂げた。それぞれ第2位および第3位のイギリス王位継承者であるケンブリッジ公ウィリアム王子およびヘンリー王子の実母。

イギリス人の王室としては、美貌とその考え方において高い人気を誇っていました。

チャールズ皇太子との結婚

チャールズ皇太子と結婚した当初は、その美しさから国民の話題になりました。

チャールズ皇太子は、ダイアナを愛していなかったとされていますが、ダイアナ妃はチャールズを愛していきました。

原因不明の事故によって暗殺

ダイアナ元妃は1997年8月、パリで乗っていた車がトンネル側壁などに衝突して大破、一緒に乗っていた交際相手の富豪ドディ・アルファイド氏らと共に死亡した。

ダイアナ妃の事故当日の状況

リッツホテルの外には、ホテルが借りていた黒塗りのベンツS280が停められていました。車に乗り込んだのは4名。運転席にはリッツホテルの警備責任者のアンリ・ポール。アンリは死後の分析で血中アルコール濃度が0.18-0.2%と、この時かなり酔っていたことが分かっています。助手席にはドディのボディーガードのイギリス人、トレバー・リージョーンズ、後ろの席には、ドディとダイアナが座りました。4人ともシートベルトは付けていませんでした。

アルマ広場下のトンネルに突入して死亡

事故があったのは、1997年8月31日の未明のこと。ダイアナ妃が恋人のドディ・アルファイド氏とともに乗りこんだメルセデツ・ベンツが猛スピードでアルマ広場下のトンネルに突入、ドライバーが運転を誤り中央分離帯の柱にぶつかった後、側壁に激突したとされている。

 車体は大破し、ドディとドライバーは即死。助手席のボディガードは一命を取り留めた。頭や全身を強打したダイアナ妃は事故1時間後に救出され病院に運ばれたが、肺からの出血多量で死亡した。

トンネルの中で柱に突っ込んで大破して、ボディガード以外の3名が死亡しました。

ダイアナ妃の写真・画像

1





nobuyuki5さん

少しずつコンテンツの修正・加筆しています。

このまとめに参加する