(2011.5.14)読売新聞『原発作業員が体調不良、病院で死亡』
『復旧作業中に作業員が死亡したのは初めて。』
『東京電力の福島第一原子力発電所で14日午前6時50分頃、機材の搬送をしていた東電の協力企業の60歳代の男性作業員が意識不明となり、福島県いわき市内の病院に運ばれたが、午前9時33分に死亡した。』
『協力会社の男性作業員が同日朝、体調不良を訴え、福島県いわき市内の病院に搬送されたことを明らかにした。』
http://nuclear2ch.blog39.fc2.com/blog-entry-337.html
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110514-OYT1T00293.htm

前へ 次へ