(2011.3.24)板垣英憲『福島第1原発(1号機~6号機)で起きた爆発事故で、放射性物質を含んだ水蒸気や使用済み核燃料貯蔵プールの水などを浴びて「被曝」した現場の作業
員たちが、救急患者として東北大学医学部付属病院にどんどん送り込まれ、隔
離されて、密かに始末されているという。
これまでに約180人が搬送されており、まだまだ日々、増え続けているら
しい。これは、東北大学医学部付属病院関係者からの「極秘情報」である。』
http://foomii.com/00018/201103240700003070

(2011.3.31)二階堂『本当はすでに30人くらいが死の淵だってなんで発表しないんだよ。』
(東電がちゃんと報告あげてるのに枝野が発表してない)
http://www.j-cia.com/article.php?a=6811

(2011.6.10)時事通信『作業員、意識不明で病院に=前日は飛散防止剤散布』
『東京電力は10日、福島第1原発で働いていた協力企業の40代男性作業員が同日朝、意識不明となり、 ドクターヘリで福島県いわき市内の病院に運ばれたと発表した。発熱もあるという。
この作業員は9日午前、防護服に全面マスク姿で放射性物質飛散防止剤を散布する作業をしていたが、 宿舎で10日朝、意識混濁状態になっているのを同僚が発見した。』
http://goo.gl/lZO13

前へ 次へ