1. まとめトップ

【ブライダルエステのトラブル急増】結婚式を前に女性が痩身、脱毛、美顔エステで逆効果に?高額な費用も

国民生活センターは7日、結婚式を控えた女性向けに痩身(そうしん)や脱毛などのエステを組み合わせて提供する「ブライダルエステ」で、被害や不安を訴える相談が増えていると発表した。

更新日: 2011年07月08日

-聖少女-さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 68758 view
お気に入り追加

ブライダルエステのトラブル

結婚式は一生に幾度とない晴れの舞台であることから、単にエステティックサービスで危害を受けた相談に比して相談者の不安や不満は強いことが伺える。そこで、ブライダルエステの危害に関する相談の傾向や内容を分析し、トラブルの未然防止のために施術を受ける際の注意等を消費者に情報提供する。

ブライダルエステとは

エステティックサービスには主に美顔サービス(フェイシャルエステ)、痩身サービス、脱毛サービス等があるが、ブライダルエステとはこれらのサービスを組み合わせて、あらかじめ決められた日までに提供されるものである。

腕が出るドレスのために痩身サービスを受けたが腕が腫れた事例

【事例1】 腕が出るドレスのために痩身サービスを受けたが腕が腫れた事例
 ウェディングドレスを着て写真撮影があるため、エステ店で痩身エステを受けたところ、両手の上腕部が腫れて痛くなった。腕の出るドレスを着るつもりだったが、着れない可能性が出てきた。事業者には、施術費の全額返金や写真撮影のキャンセル代などの補償をすると言われた。しかし、かなり前から計画をしていたので精神的ショックが大きい。慰謝料等も請求できるか。

肌が弱いと伝えたが、受けた施術で肌が荒れ写真撮影が出来なかった

【事例2】 肌が弱いと伝えたが、受けた施術で肌が荒れ写真撮影が出来なかった事例
 結婚式の写真を式の前に撮影する予定だったので、ブライダルエステについて書かれたタウン情報誌を見て、美顔エステと脱毛処理を受けた。美顔エステを受ける際にはアトピーで肌が弱いことは伝えた。施術の翌日が写真撮影の予定だったが、肌が荒れて写真が撮れず、用意していた生花が無駄になった。支払った施術料金や、生花の料金を事業者に請求したい。

ブライダルエステの問題点

結婚式等の直前の施術で危害が発生している
お試しコースでも危害が発生している
施術前に自分の体質等を事業者に伝えているがトラブルが発生している
複数のサービスを契約し施術を受けている
違法性があると考えられるサービスが提供されている

あまりエステを受けた経験が無い人

大切な結婚式や事前の写真撮影等の1週間位前までの施術でトラブルが発生しているケースが目立つ。結婚式当日に影響するリスクを考え、あまりエステを受けた経験が無い人は、結婚式直前にブライダルエステの施術を受けるのは控える。また、短期間にこれまで経験がないような複数の施術を受けることも慎重にする。

結婚式等の直前に気軽に「体験コース」や「お試しコース」等の施術を受けることは避ける。

「体験コース」等でも危害が発生したケースが少なくないことから、結婚式等の直前に気軽に「体験コース」や「お試しコース」等の施術を受けることは避ける。

医師法に違反しているおそれ

まつ毛エクステンションは美容師免許、首から上のシェービングは理容師免許が必要な施術である。施術を受ける前に確認する。医師免許を持っていない人が、レーザー光線またはその他の強力なエネルギーを有する光線を使って脱毛やしみ取りの施術、またケミカルピーリング等を行うと、医師法に違反しているおそれがあるので、施術内容や資格についてよく確認する。

消費者にとって結婚式は幾度とない晴れ舞台であることから

結婚式等の期日は確定されており、ブライダルエステの施術を直前に行い危害が発生したケースも見受けられる。また、消費者にとって結婚式は幾度とない晴れ舞台であることから、このようなエステにおいては、消費者の期待に応えられるよう十分にカウンセリングを行うことや、技術面での向上が望まれる。また、トラブルが発生した際は消費者への適切な対応が望まれる。

エステティックサービスに関して言えば、いわゆる「かぶれ(接触皮膚炎)」は、一次刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎が発生する可能性がある。
また、単にその物質だけでは障害を起こさなくても,それに光線(日光)があたることにより化学反応を起こして、皮膚に障害を生じることもある(光接触皮膚炎)。とくに、エステティックサービスでは、露出部分のケアを中心に行うと考えられ、その障害発生には光線の関与も念頭に置くべきである。

シェービング(毛そり)

顔、肩、首筋等の産毛を剃ると肌のつやが良くなったり透明感のある肌に見えることから結婚式の前にシェービング(毛そり)をすることもある。顔そりは理容師法により規制されており、理容師の資格を持つ人が、届け出のある施設で施術を行うこととされている 。事例を見ると、肩や背中をシェービングして危害が発生したケースがある。

レーザー脱毛・しみ取り、ケミカルピーリング

厚生労働省の通知によれば、医師免許を持たない人がレーザー光線等を使って脱毛やしみ取りを行うことや、酸等の化学薬品を肌に塗り、しわやくすみなどに対して表皮を除去し、全体的に肌のくすみなどをとるケミカルピーリングを行うことは、医師法に違反する可能性があると考えられる

肩から背中のシェービングで危害が発生した事例

【事例3】肩から背中のシェービングで危害が発生した事例
11 月の結婚式で和服を着るために、肩から背中にかけて毛をそってもらった。直後から肌がかゆくなり湿疹が出た。にきびのようになっており、病院へ行ったが、アクネ除去をしないと式までに治らないと診断された。アクネ除去の治療は保険がきかず、片方の肩だけで 1 万円かかる。店側から、治療費を払わない旨の文書が届いた。どうしたらよいか。
(2010 年 10 月受付 30 代・女性・埼玉県)

★ブライダルエステのニュース

国民生活センターによりますと、結婚を間近に控えた女性を対象にした「ブライダルエステ」と呼ばれる美容サービスに関する相談件数は、昨年度46件で、4年前の19件の2倍以上に増えました。

ブライダルエステのトラブル急増か。業者にも何か問題があるかも知れないけど、短期間で綺麗になれるもんじゃないしなぁ…。脱毛やらエステやらしたことない人が急にやったら肌荒れやら何やら症状でるだろうし。そう言うのきちんと考えた方が良いと思うんだよな…。

おそろしや!!この前契約したばっかり。 RT @nhk_seikatsu:結婚を控えた女性に痩せるためのマッサージや脱毛などを行う「ブライダルエステ」と呼ばれる美容サービスを巡って、ここ数年トラブルが増えているとして、国民生活センターが注意を呼びかけています。

ブライダルエステ専門サロンの声で誕生!シルクのようなデコルテへ…

ブライダルエステが特に悪質というより、不具合による損害が取り返しが付かない点で、相談件数の増加に結びついているのだろうと思う。 危機管理の観点からは、結婚式場は安易にブライダルエステを勧めるべきではないだろう。

ブライダルエステかぁ。我は式場に言われて床屋で顔剃りしただけだったわ。ドレス選びも適当だったし、角隠しやうちかけ重くて暑そうだったから着物はやめたんだった。

ふーん、ブライダルエステね。縁の無さ過ぎる話だわww

ブライダルエステでのトラブルの件 店名も報道しろよ

ブライダルエステか。やったけど、デコルテとフェイシャルマッサージと毛穴の掃除と産毛剃りくらいしかやってないからな。やる前にパッチテストとかもあったし。特にトラブルは無かったなぁ

ブライダルエステ、トラブル続出!まっ!初デートの前の晩、力入れてやったことないパックなんかやって、当日肌荒れしちゃったりするのと一緒かなぁ

1 2





【妻は女子アナ】ほんまでっかTV 医者 亀井真樹 日テレ・延友陽子の夫(亀井 眞樹 かめい まさき)
https://matome.naver.jp/odai/2149257279750361101

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう