1. まとめトップ

韓国人がよく使う便利な韓国語単語&韓国語表現

韓国で生活をしている時に周りの韓国人がよく使っていた表現、会社の韓国人同僚がよく使っている表現、小説やドラマなどでよく見かける韓国語表現をまとめました。現地の人が使うこのような表現を使ってみると、ちょっと韓国語が上手になった気分にもなれ、また、自然な韓国語を話しているねと褒められたりもします。

更新日: 2015年07月16日

1261 お気に入り 999111 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yukakitakoさん

기운이 없어요.

読み方:キウニ オプソヨ
意訳:元気がないです。
直訳:気運がないです。

解説:「기운=気運」というのは、「生物が生きて動く力」という意味だそうです。

その「動く力」がないことを伝えるこの表現は、身体がぐたっとする状態、すごく疲れている状態、つまり、元気がない状態を説明するのにとっても便利な表現です。

어색해요.

読み方:オセッケヨ
意訳:気まずいです。ぎこちないです。
直訳:言葉につまります。

解説:어색해요の어색は、漢字で「語塞」と書きます。つまり、「言語」が、「塞がる」という意味です。韓国語では形容詞として会話に頻繁に登場し、その場合には、「気まずい」「ぎこちない」という意味で使われています。

例えば、会話が途絶えて沈黙が続く気まずい雰囲気の時、誰かと誰かの関係がなんとなくぎこちなく、何かあるなあというような時、普段やってないことを突然して動作がぎこちない時などに使えます。

큰일이 났어요.

読み方:クン イリ ナッソヨ
意訳:大変です!大変なことになりました。しまった!
直訳:大きな事が出ました。

解説:想像もしていなかった出来事が起こった時、トラブルに見舞われた時、大変なことになってしまった時、何か失敗してしまった時などの状況を説明するのに、とてもよく使われる表現です。

ちょっとレベルのひどい大変さにも使えますが、日常生活の中で「やっちゃったなあ」「しまった!」というような状況での軽い大変さにも使えるので、会話でかなりの頻度で登場します。

됐어요.

読み方:テッソヨ
意訳:結構です。
直訳:できあがりました。~になりました。

解説:「○○要りますか?」「○○はいかがですか?」と聞かれて、断る時に使える表現です。
元々は「できあがりました」とか「○○になりました」という意味を持つ動詞ですが、「間に合ってる」「十分だ」という意味でも使われるので、何かを断る時にとっても便利です。
語調を強くして言ってしまうと「結構です!」と強く拒否している感じにも聞こえてしまうかもしれないので、「いいえ」という言葉「아뇨(アニョ)」とセットで柔らかめに言うのがおすすめです。

건강 잘 챙기세요.

読み方:コンガン チャル チェンギセヨ
意訳:身体大事にね。元気でね。健康に気を付けてね。
直訳:健康をよく準備してください。
(건강=健康、잘=よく, 챙기다=準備する、取りそろえる, ~세요=~してください)

解説:「챙기다(チェンギダ)」という動詞は、とにかく便利です。
元々は、「準備する、取りそろえる」という意味の動詞で、そこから派生してなのか、「気を付けてね」という意味でも使われます。そして、「건강(コンガン)=健康」という単語とセットにすると、「元気でね」という表現となり、旅行や留学などに旅立つ人などに良く使われる挨拶として便利です。

답답해요.

読み方:タプタッペヨ
意訳:もどかしいです。すっきりしないです。
直訳:息苦しい。重苦しい。うっとおしい。じれったい。もどかしい。

解説:例えば、言いたいことがなかなか相手に伝わらない時、何かの結果を待っているのになかなかその結果が出ない時、思った通りにことが進まず、かといってどうしようもない時のような、落ち着かない心の状態、じれったい気持ちを表現するのに使えます。「なんでわかってくれないの!」「なんでこうなるの?」というイライラする気持ちを伝えるのに最適です。「息苦しい」という意味もあるので、消化がうまくいかない時の胃の状態や、狭くて息苦しい部屋の様子などを表現するのにも使えて便利です。

대충 넘어가요.

読み方:テチュン ノモカヨ
意訳:大体で良いよ。あまり細かいことまで気にしないでいいよ。ざっくりでいいよ。
直訳:大体越します。大雑把に越えます。

解説:あまり細かいことに気にしないで何か事を進めようとうい時の意思表示に使える表現です。小さいことや細かいことは気にせずやり過ごして、大体でいいんじゃない?とうい軽いノリを出すことができるとても便利な表現です。

열 받았어요

読み方:ヨルパダッソヨ
意訳:すごく腹立ったよ。むかついたよ。頭にきたよ。
直訳:熱をもらいました。
解説:怒る気持ちを表す表現です。直訳の「熱をもらう」というのは、激しく怒っている様子がすごく伝わってくる気がします。日本語でも気軽に「むかつく!」なんて言ったりしますが、そんな感じで使われているものです。

무조건

読み方:ムジョコン
意訳:絶対に、間違いなく
直訳:無条件
解説:日本語の場合、「無条件」というと、なんの条件もつけないこと、なんの制約もないことという意味でしか使わないかと思います。韓国語では、そのような意味に加えて、「間違いなく」「絶対に」というような意味として、会話で多く登場します。使ってみると、ついついクセになりそうなほど便利です。

이런게 어디 있어요?

読み方:イロンゲ オディ イッソヨ
意訳:こんなことってあり得ないよ。
直訳:こんなことどこにある?(이런게=こんなこと, 어디=どこに, 있어요=ある)
解説:信じられない状況に陥った時、納得できない状況が発生した時、「あり得ない!」「信じられない!」という怒りやいら立ちを表すことができます。

망했어요.

読み方:マンヘッソヨ
意訳:完全に失敗しちゃった。ダメだったよ。
直訳:滅びました。(망하다=亡/滅びる)
解説:망하다という動詞はとても便利な単語で、滅びるという元の意味から、たとえば会社が「倒産する」だったり、お酒で身を「滅ぼす」などいう場合にも使えます。
日常会話では、滅びるというほどの大それた意味ではなく、「失敗した」「ダメだった」というような軽い感じで多く使われています。

억울해요.

読み方:オグレヨ
意訳:悔しい。納得がいかない。
直訳:重苦しい。悔しくて胸がふさがる。(억울하다=抑鬱だ)
解説:自分の過ちではないのに責められたり、相手の行動に腹が立って悔しい時などに使います。

신기해요.

読み方:シンキヘヨ
意訳:珍しいね。変わってるね。不思議だね。(「すごいね」というようなニュアンスも少し)
直訳:神奇です。(신기하다=神奇;主に不思議という意味を持つ形容詞)
解説:見慣れていないもの、変わったもの、信じられないようなことを見たり、聞いたりした場面で良く使われている表現です。

이따가 봐요.

読み方:イッタガバヨ
意訳:またあとでね。
直訳:少し後で会いましょう。(이따가=少し後で, 봐요=会います)
解説:別れ際によく使われている表現です。別れた後、すぐに会う予定(同じ日のうちに)がある場面で、「また後でで」という感覚で使えます。

있잖아요.

読み方:イッチャナヨ
意訳:あのね(文頭の場合)、~でしょ?~じゃない?(文末の場合)
直訳:あるじゃない。(있다=ある, 잖아요=「~でない」という否定打消し表現)
解説:文頭で使う場合には、話を切り出す際の「あのさあ」「あのねえ」のような役割をする表現です。文末に使う場合には、相手の同意を促すような気持ちを伝えるときに使います。
「あのさあ (있잖아요)、こないだ会った〇〇さん、韓国に帰るんだって」
「心配しないでもいいよ。私がいるじゃない(있잖아요) 」

말도 안 돼요.

読み方:マルド アン デヨ
意訳:うそでしょ?
直訳:言葉もうまくいかない。(말도=言葉も, 안 돼요=うまくいかない)
場面:信じられないようなひどい話や、びっくりするような話を聞いたときの気持ちの表現としてよく使います。
「あの2人が離婚するなんて、うそでしょ(말도 안 돼요)?」
コメント:そんなひどい話ないでしょ、ありえないというような気持ちを伝えたいときに使うのにとっても便利な表現です。

시스템 오류가 발생했어요.

読み方:システム オリュガ パルセンヘッソヨ
意訳:システムエラーが発生しました。
解説:日本では、「システムエラーが発生した」という時に、「エラー」という外来語を使いますが、韓国語は、「誤謬」という難しい単語で表現します。
日本語と韓国語で表現の仕方が少し違う良い例だと思います。「エラー」と言っても通じますが、日本人にとって難しい外来語発音を使うより、「誤謬」という言葉を使う方が易しいかも通じやすいかもしれません。

다행이네요.

読み方:タヘンイネヨ
意訳:良かったね。
直訳:多幸だね。(다행=多幸, 이네요=だね。)
解説:もともと、「多幸」という言葉には、「意外にも物事がうまく運び、運が良い」という意味があるので、「結果としてそうなってよかったね」という感じです。また「不幸中の幸い」というような意味でも使われます。
「雨がやんで、天気が良くなり、本当に良かったね(タヘンイネヨ)」
「泥棒に入られたけど、何も盗まれなかったのは、良かったね(タヘンイネヨ)」
コメント:相手の話を聞いていて、そうなってよかったねという気持ちを伝える相槌としてもよく使い、とても便利です。

없는 것 빼고 다 있어요.

読み方:オッヌンゴ ペゴ ター イッソヨ
意訳:とにかくいろいろなものがたくさんあるのよ。
直訳:ないもの以外は、全部あるよ。(없는=ない , 것=もの , 빼고=除いて , 다=全部, 있어요=あるよ)
解説:いろいろなものがたくさんあることを強調したいときに使う表現です。
「ないもの以外すべてある」という、冷静に聞くとおちょくられているのかと思ってしまう表現ですが、いろいろあるよ、たくさんあるよということを強調する表現として、良く使われます。

내 말이 그 말이야.

読み方:ネ マリ ク マリヤ
意訳:そうそう、私が言いたかったのは、まさにそういうことなのよ。
直訳:私の言葉がその言葉よ。(내=私 , 말이=言葉が , 그=その , 말이야=言葉よ)
解説:相手の意見を聞き、それが自分が言いたかったことと全く同じだった時に、同意を示しつつ、自分が言いたかったことも正に同じであることをアピールしたい時に使う表現です。
たった7文字という短い文字数ですが、相手と自分の意見の一致をきちんと伝えることができます。言葉の力を感じさせる表現です。

1