1. まとめトップ

ドラクエ3における現実世界との由来まとめ

ドラゴンクエスト3の街、イベントなどは現実世界を由来としています。当サイトでは、現実世界との由来についてまとめています。

更新日: 2011年11月13日

jamsonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 95848 view
お気に入り追加

アリアハン

アリアハンはドラクエ3における旅立ちの地となる大陸の名前である。
現実世界には、アリアハン大陸の位置には大陸は存在しておらず、直接の由来となる地名は存在しないが、以下が有力な候補であると考えられている。

「アリア」+「ハン」 = アリアハン

・アリア
 →インド亜大陸などを支配したアーリア人が由来

・ハン
 →歴史上最も広大な国はモンゴル帝国であり、構成する国家は「キプチャク=ハン」である。
  「ハン」という言葉には「大きい」「巨大」「偉大」という意味がある。

アリアハン大陸は大きな国ではないが、世界の中心に位置している、全ての始まり、ということから壮大な由来が語源となり、造語として作られたのではないだろうか。

■アリアハンにおけるミッション
アリアハン大陸を脱出せよ!

アリアハン城では主人公の自宅があり、無料で泊まる事が出来るため後々まで重宝する。
また、ドラクエ3ではパーティは最大4人であるが、2人パーティでは得られる経験地が2倍、1人ではなんと4倍となる。この仕組みをうまく利用すると面白い(魔法を早く覚えたい、などシーンに分けて)。

ロマリア

ロマリアは、主人公たちがアリアハン大陸を出て初めて外の世界へ出た時に訪れる街である。

由来:実際の地名

「ローマ」+「イタリア」=ロマリア

・ロマ
 →ローマを伸ばさなくしたもの

・リア
 イタリアの後半2文字

■ロマリアにおけるミッション
盗賊カンダタに盗まれた王冠(きんのかんむり)を取り返せ!

取り返えさなくともストーリー進行上は問題ない。
また、序盤では「きんのかんむり」は兜として守備力が高い為、そのまま使っていた方が攻略上は都合がよい。但し、きんのかんむりを持った状態で王様に話すと自動的に返してしまう為、ロマリアではセーブが出来ないという状態になるのが困りもの。

カザーブ

カザーブはロマリアの北に位置する村である。

由来:実際の地名

「カザフスタン共和国」=カザーブ

■カザーブにおけるミッション
どくばりを入手せよ!

村の武器屋のおやじの横には宝箱があるが、家の中から入っても親父が居るため取れない。
しかし夜に訪れると・・・

この村の周辺ではロマリアとは一段レベルが上のモンスターが出現(ぐんたいがに、アニマルゾンビ、キャタピラー、など)し、村周辺は山に囲まれておりエンカウント率が高いため、カンダタに挑むためのレベル上げ場として使われる事が多い。

ノアニール

ノアニールはカザーブの村の北西に位置する村である。

由来:実際の地名

「ノルウェー」=ノアニール

■ノアニールにおけるミッション
めざめの粉で村人を永遠の眠りから覚ませ!

ただ1人の人物を除いて、村人全員が眠り続ける村。
あるアイテムにより目覚めると普通の村となる。
序盤では手に入らない魔法と同じ効果を持つ「まどうしのつえ」が売られている。魔法使いがいるならば、戦力アップ&MP節約となるので買ってみるのもよいだろう。

アッサラーム

アッサラームの街はロマリアから南東に位置する街である。
現実世界では中東に位置する。

由来:アラビア語

「アッサラーム アライクム」=アッサラーム

「アッサラーム アライクム」とは、
朝、昼、夜を問わず1日通して使えるという挨拶表現である。
日本語では「こんにちは」に該当するが、直訳すると、「平安があなたの上にありますように」という意味となる。

「アライクム」 は「上に」を意味する 「アラー」と、「あなた(たち)の」を意味する 「クム」 がつながった表現である。

■アッサラームにおけるミッション
特になし。

であるが、ここにはぼったくりの店、ドラクエ恒例のパフパフ屋、ベリーダンスショーなどがあり、散策し甲斐がある街である。

シャンパーニの塔

シャンパーニの塔はノアニールから南西に位置する塔である。

由来:実際の地名

「フランス・シャンパーニュ地方」=シャンパーニ

■シャンパーニの塔におけるミッション
大盗賊カンタダを倒しきんのかんむりを手に入れろ!

ナジミの塔以来の塔。道は長いため、多くの回復手段が必要とされる。カンタダとは今後も因縁が続く。

イシス

イシスはアッサラームから遥か南西の砂漠の中に位置する街である。
現実世界では、アフリカ大陸に位置する。

由来:神話

「アイシス」=イシス

アイシスは、エジプト神話における女神イシス[Isis:英語読みではアイシスとなる]のことである。

■イシスにおけるミッション
祈りの指輪を入手せよ!
星降る腕輪を入手せよ!

イシスまではロマリア到着後、まっすぐ来ることが出来るので、逃げまくって星降る腕輪を即効で入手するとかなり戦いが楽になる。また、夜城の中に怖いネコがいるので注意。

ピラミッド

ピラミッドはイシスの北に位置する古代遺跡である。

由来:遺跡

「ピラミッド」=ピラミッド

ピラミッドは言うまでもなく、エジプトの古代の王の遺跡である。

■ピラミッドにおけるミッション
魔法の鍵を入手せよ!
黄金の爪を入手せよ!

魔法の鍵入手には、イシスにて子供達が歌うわらべ歌の内容にヒントが隠されている。笑い袋からは大量のゴールドが得られる。黄金の爪は呪いによりエンカウント率が大量に上がる。序盤では恐らく入手しても脱出までに力尽きる事だろう。

ポルトガ

ポルトガはロマリアの西に位置する城である。

由来:実際の地名

「ポルトガル」=ポルトガ

■ポルトガにおけるミッション
黒胡椒を手に入れろ!

ポルトガ王は香辛料を欲しがっており、バハラタへの通行証を王からもらう。アッサラームの東の洞窟にいるホビットへ渡すと東への路が開ける。

ポルトガルは大航海時代において、スペインと共に主役を担った。
香辛料を求めてヴァスコ=ダ=ガマによるインド航路が確立し、香辛料の確保に成功する。
ドラクエにおけるポルトガからバハラタへの旅路は大航海時代に由来しており、ここから世界史に関連するストーリーが表に出てくる事となる。

バハラタ

バハラタはアッサラームから遥か南東に位置する街である。

由来:古名

「バーラタ」=バハラタ

バーラタとはインドの古名であり、原インド人の、特にバラモン・クシャトリヤ階級を指す言葉である。
バハラタの位置は現実世界ではインドが該当することから、バーラタが由来であると考えられる。

■バハラタにおけるミッション
誘拐事件を解決せよ!

バハラタの街ではベタな誘拐事件が起こっており、解決するとこの街での名産である黒胡椒をもらうことが出来る。ゲーム内では船を手に入れる為に訪れた後は恐らく来る事はほとんどないだろうが、大航海時代における重要な役目を果たす街である。

ダーマ

ダーマはバハラタから北東に位置する神殿である。

由来:言葉

「ダルマ」=ダーマ

諸説あるが、有力なのはサンスクリット語の「ダルマ(Dharma)」と考えられている。
サンスクリット語とは、古代~中世にかけ、インド、東南アジアにて用いられていた言語であり、「ダルマ(Dharma)」とは「法」「真理」などの意味を持つ。

■ダーマにおけるミッション
転職せよ!

ダーマ神殿は3にて初登場し、それから以降のドラクエシリーズで転職する場所として受け継がれている。転職システムは3以外はやり直しが効き、スキルを次々と身に付けていく便利なシステムに変化しているが、3はレベルは1に戻されるというやり直しの効かない一大イベントであった。ゆえに、シリーズの中でも最も慎重に熟慮に熟慮を重ねる為、プレイ後10年以上経っても覚えている事が多い。

尚、ダーマ神殿の周辺の山岳地帯には、稀にメタルスライムが出現する。ある程度のレベルにて黄金の爪を持ち、トヘロスを唱えるとメタルスライムがかなりの確立で出現するようになる。また、神殿の北にそびえるガルナの塔の周辺では、越境して魔法おばばなどの高経験値を持つモンスターも登場する。

ジパング

ジパングはダーマの南東に位置する島国である。

由来:文献

「ジパング」=ジパング

ジパングとは、マルコ・ポーロの記した「東方見聞録」にある「ジパング(Zipangu)」が由来。
東方見聞録では、ジパングでは莫大な量の金が算出し、そこに住む人々の宮殿や民家は黄金で出来ていると伝えている。
マルコ・ポーロの活躍した13世紀は、奥州藤原氏が世界遺産である、平泉が日本第2の都市として栄えていた。黄金についての話は、平泉の中尊寺金色堂がモデルとされる。話がユーラシア大陸にまで伝わったのは、中国との交易があった為と思われる。

■ジパングのおけるミッション
偽ヒミコを倒せ!

ジパングにはヒミコ時代の神殿と村からなる都市があり、女王ヒミコによる独裁政治が行われている。そしてジパングには洞窟があり、ここでは大量のメタルスライムが出没し、最強の守備力を誇る防具である「はんにゃの面」など、独自性に富んでいる。

ムオル

ムオルはジパングの遥か北に位置する村である。

由来:地名

「アムール川」=ムオル

直接的な変換では無く分かりづらいが、位置的に見てもアムール川が相当すると考えられる。

■ムオルにおけるミッション
オルテガの痕跡を見つけよ!

ムオルはテドンと並んでルーラが使えない数少ない場所である。ここでは勇者の父、オルテガに関する痕跡があちこちに散在しており、非常に興味深い。珍しい玩具が手に入ることでも記憶される場所である。また、ムオル周辺にはドラクエ3でも最強の部類に入るモンスター、スライムつむりが出現する為、辿り着くのは非常に困難である。

テドン

テドンはイシスの遥か南に位置する村である。また、イシスではなく、バラモス城の南、という言い方も出来る。

由来:テドン(大同)?

テドンの由来は不明であるが、朝鮮半島にテドン(大同)という地名がある。しかし、現実世界でのテドンはアフリカ大陸に位置し、やや由来としては薄いと思われるが、テドンという村は異質であり興味深い事もあり、取り上げた。

■テドンにおけるミッション
村人達の無念の想いを受け止めろ!

船でくまなく世界を周らないと見つからない村。ジパングから船で行くのが一般的である。テドンに着く頃には丁度夜になっており、また、海での長い航行、および、村周辺の強力なモンスターとの戦闘により、体力を回復すべく宿屋に泊まると翌日恐ろしい事が判明する。

ランシール

ランシールはアリアハンの西に位置する島に存在する村である。

由来:地名

「ランセリン」=ランシール

ランシールは現実世界におけるオーストラリア大陸である。
オーストラリアにはLancelin(ランセリン)という名の砂丘(同名の町もある)が由来と思われる。
現実世界のランセリン砂丘は、貝殻で出来ており、一面真っ白でな珍しい砂丘である。

■ランシールにおけるミッション
きえさり草を入手せよ!

孤立した大陸の生態は独自の進化を遂げており、珍しいアイテムである「きえさり草」が売られている。ある城に入る為に必要となるが、魔法使いがL33で習得する呪文「レムオル」にて代用が可能である。(レベル的に使う機会はほぼ無いが)

余談であるが、ランシールではある事をすることで強烈なバグ状態が発生する。

1 2





好きなもの:幕末、SF、宇宙、明治維新、ゲーム、ねこ

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう