1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

ペットボトル入りの高級茶「お~いお茶 大走り新茶」を売り出した。全国でいち早く、4月上旬に摘み始めた鹿児島県南部の新茶をつかった限定品。通常の商品よりも茶葉の使用量を3倍に増やし、10度以下の低温でじっくりと抽出した。うまみが口いっぱいに広がるのが特徴という。320mlで希望小売価格は税込み324円。

別の研究でも毎日柑橘類を食べ、少なくとも1日1杯の緑茶を飲む日本人の男女42000人は、ガンになる危険性が低い

商人が「縁起ものにすれば売れるんじゃないか?」ということで流した噂が広まった

日本茶の知識を深めるためのワークショップを開催しており、好評を博しています。

 一保堂茶舗はいまから約300年前の1717年(享保年間)、寺町二条に「近江屋」として創業、お茶や陶器を販売していましたが、1846年(弘化3年)、「茶、一つを保つ」との意味を持つ現在の屋号となり、今日に至っています。

 扱っているのは、抹茶(まっちゃ)、玉露(ぎょくろ)、煎茶(せんちゃ)、番茶(ばんちゃ)の4種類で計約40銘柄。国内でも、オレンジ色と緑色が目に鮮やかな、日本茶とは思えないモダンなパッケージで有名です。

 また、茶葉そのものの香りや味を損なわないようにして、お茶本来の特徴である上品で穏やかな香りと味を大切にしていることでも知られ、淹(い)れたお茶の色も澄んだ山吹色なのも大きな特徴です。

血糖値を正常な状態に保つ
食物由来の細菌を殺す
免疫システム機能を高める
腸内の「友好的な」バクテリアを増やし、腸の調整を促す
でんぷんの分解を妨げることで、体重減少の作用をもつ
体内の水分のバランスを保つ
ストレスを緩和する

1 2