当時、シスレーの作品が売れる事はあまり無かった。

出典アルフレッド・シスレー - Wikipedia

1857年、18歳のときにロンドンに移りビジネスを学ぶが、4年後には中断してパリに戻る。ロンドンでターナー等の作品に触れたシスレーは1862年から マルク=シャルル=ガブリエル・グレールのアトリエで学び、またフレデリック・バジール、クロード・モネ、ピエール=オーギュスト・ルノワールらと出会う。

彼らは共に、スタジオで絵を描くことより戸外で風景画を制作することを選んだ。このため、彼らの作品は当時の人々が見慣れていたものより色彩豊かで大胆であったため、展示されたり売れることはあまりなかった。彼らの作品は当時のサロンの審査員からは受け入れられなかった。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

画家アルフレッド・シスレーの作品・絵画まとめ

画家アルフレッド・シスレーの作品・絵画まとめ

このまとめを見る