1. まとめトップ

中国人、ワガモノ顔で居着きすぎ!!── ニューヨーク市ではびこる「中国語圏」に米国市民の「不快感」。

えっ!?アメリカ人って、国のルーツからしてルーツだから、移民社会にゃ寛容なんじゃなかったの?…と思っていたら。

更新日: 2019年07月31日

2 お気に入り 12967 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ニューヨーク市クィーンズ区のフラッシング地域 ──。

ここはマンハッタンのキャナルストリート沿いにある、いわゆる元祖「チャイナタウン」に対して別名「ニュー・チャイナタウン」と呼ばれている。

その名のごとく、もともとは中国人の街でもナンでもなかった。オランダ系移民が住みついて名づけた『フリッシンゲン』が地名の語源であることからも、それは明らかである。

そこへものの十年そこそこで、急に!中国人だらけのコミュニティが出現したから、先住のNY市民らが「脅威」を感じているのだ。この区域の住民に占めるアジア人(大半は中国人と韓国人)比率は実に!5割の大台に迫りつつある。

日本の多くの旅行ガイドでは「クィーンズのチャイナタウン」と紹介されている、この地域。

しかし、その「既成事実化」を認めたくない米国市民も多くいるのだ。「クィーンズ区は、昔も今もこれからもアメリカの一部。特定の国の人種に占領されたからといって、アメリカ市民が生活しにくいような場所に改造することは断じて!許されない」と彼らは怒る。

そこでついつい、こんな↓ホンネのアンケートが取られることに。

事実上、(母国語主体で看板を出しまくる)中国人と韓国人の事業主らを名指しで非難したにも等しい「過激な」設問^^;であ~る。
 
★出典:http://www.sodahead.com/united-states/should-signs-in-queens-ny-be-in-english/question-2038207/
【※2019年現在↑上記サイトはアンケートアプリの供給サービスに転業してしまったため、デッドリンク】

ナンと、「そう思う」という回答者が「そうは思わない」を上回っている!ではないか~(驚)
 
興味深い。同調者の抱く心理を(回答コメントに記された根拠の平均値から)さらに探ってみた。
 
.

中国人、ワガモノ顔で居着きすぎ!!

これに対する反論

そりゃ周りから「中国人はとっつきにくい」とか「キモい」とか思われても構わないから、英語を学ばないんでしょ。
それもまた自由、だわ。いちいちカリカリせんと、ほっとけほっとけ

関連動画およびリンク

1