1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

福島県内のある自治体で、職員約100人の15%がうつ病と診断されたとの調査結果を福島県立医大などのグループがまとめ、福島市で17日に開催された日本トラウマティック・ストレス学会で発表した。

 同大の前田正治教授(災害精神医学)は「驚くべき高い割合で極めて深刻な事態だ。自治体職員は住民からの激しい怒りにさらされるなど、負荷が高いのにケアが受けにくい。支援を強化する仕組みづくりが必要だ」としている。

 調査は1月下旬、県立医大と「ふくしま心のケアセンター」が共同で実施。福島県沿岸部のある自治体を対象に職員92人を面接し、精神疾患やストレスの状態を調べた。その結果、15%に当たる14人が「大うつ病性障害」と診断された。また92人のうち8人が自殺の危険があるとされた。

福島県郡山市は8日、県食肉流通センター(同市)で処理された馬1頭の肉から、国の基準値(1キロあたり100ベクレル)を超える同115.6ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。馬肉から基準値を超えるセシウムが検出されたのは同県で初めて。市は同日、この馬を持ち込んだ業者に馬肉の廃棄を命じた。

 馬は同県会津美里町やほかの地域で飼育されていたという。この業者が持ち込んだ2頭のうち1頭の肉が基準を超えた。市は、詳しい飼育場所やえさなどを調べ、原因を解明するとしている。

東京電力は8日、福島第一原子力発電所の港湾や井戸で海水や地下水を採取して
調べている放射性ストロンチウムの濃度について、「測定結果に誤りがある可能性があり、
公表できない」と発表した。

海水などは定期的に採取して汚染状況を監視することになっており、放射性セシウムなどは
毎週、濃度を分析して公表している。しかし、汚染水に含まれる主要な放射性物質の
一つであるストロンチウムは、毎月分析することになっているが、昨年6月に採取した
海水などの分析結果を最後に、半年近くも公表していなかった。

東京電力は6日、福島第一原子力発電所の屋外にある設備「主排気筒」の下部で、配管表面の放射線量が毎時約25シーベルトに上ると発表した。

 周辺の計測値から推計したもので、屋外の放射線量としては過去最高値。人が浴びると20分足らずで死に至る強さだ。事故時に1号機の格納容器から強制排気(ベント)を行った際、排気中の放射性物質が配管内に残った可能性があるという。東電は今後、主排気筒や配管の撤去などを検討するが、「非常に高い線量で、新しい工法が必要になるかもしれない」という。
(2013年12月7日01時56分 読売新聞)

日本政府は、被曝した被災者たちを、助けないで放置している状態である 。ドイツ博士。

低線量放射線は、コンピュータ断層撮影検査で被曝する線量であるが、癌を発生するリスクを高め、また遺伝的変化を引き起こす原因になる。

われわれは、現在、新らしい科学的医学研究で、低線量放射線が健康影響を引き起こす危険を知っている。

福島県の住民たちは、この低線量放射腺の危険が何を意味しているのか、理解しているのだろうか?

このため消火用に貯めていた水など、およそ2万7000リットルを仮設のポンプなどを使って水の高さをあげるための作業を行っているということです。

この情報を繰り返します。」

(約7秒間沈黙)

(アナウンサーの横からの声で)

「ちょっとね、いまの原稿使っちゃいけないんだって。」

NHKは30キロ定点カメラを残したまま総員引き上げた上で、受信料を払っている福島の人に「安全だから、そこに居て良い」と言う趣旨の放送をした。これについても時系列的に詳細な資料を受信料を払っている全国民に出すべきだろう.

1 2 3 4 5 6 7