1. まとめトップ

プロレスラー面白エピソードまとめ

ちょっと変わってる人が多いです

更新日: 2011年08月27日

35 お気に入り 454459 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyoumoeさん

「暖かくなってサイクリングにはいい季節ですね。私も昨日誰かに自転車に轢かれました。でもその人は、謝るどころか笑いながら去ってしまいました。皆さん、悪いことをしたらちゃんと謝りましょう」

ラッシャー木村

バットマンの大ファン。「橋本が自分用のバットマンのコスチュームを特注し、それを着たまま外をねり歩いた」という噂の真相を雑誌のインタビューで尋ねられた際、それが事実であることを橋本本人が認めている。なお着用したバットスーツは「少しきつくてピチピチだった」とのこと。

橋本真也

ジャイアント馬場の代名詞「16文」(約38.4cm)は、日本に合う靴がほとんどなかったため、アメリカ遠征の際入手した靴にアメリカ規格の「16」(約34cm)とあるのを見たプロレスマスコミが16文と誤認して、そのまま定着したものである。

ジャイアント馬場

カルピスについては「あんなに美味しい飲み物はないよな」と自他共に認める大好物である。これがマサ自身の豪快なイメージと相まってか「原液をそのまま飲んでいる」という伝説まで生まれた。ただし本人は「薄めないと飲めない」「ちゃんと薄めないと美味しくない」と否定している。

マサ斎藤

下ネタが好きな方で、座右の銘は「腰振り合うも他生の縁」「親しき中にも前戯あり」と雑誌で公表した。また、トークショーにおいて「腹上死が理想」と公言したこともある。

馳浩

2006年11月には「レッツ!地デジ」のロゴ、大量のG+のロゴ、そして正面になんだろうを付けた、まるで日テレの宣伝のようなタイツを使用した。その際「2011年アナログ放送停波だからな!分かってんのかこの野郎!」とヒール口調でアナログ放送終了をアピール。バックステージでは「おい日テレ!お前らのために作ったんだよ。これ、いくらすると思ってんだよ。しっかり請求させてもらうからな」という一方的なアプローチをかけた。

SUWA

リング上で座禅を組み腕を広げただけで相手を悶絶させ、ついには指一本触れることなく失神に追い込んで勝利したこともある。

若松市政

革命軍・維新軍以前から長州力との仲の良さは有名であり、「力ちゃんが結婚するまで俺も結婚しない」と約束したエピソードが何度もプロレス雑誌で紹介されている。

小林邦昭

料理店の食材仕入れはキラー・カーンの店と共同で行っている。

ケンドー・ナガサキ

プロレスラー引退後もキラー・カンを名乗り、東京都新宿区中井に「スナック カンちゃん」を開店。現在は西新宿五丁目に店を移し、ちゃんこ料理を主とした「ちゃんこ居酒屋 カンちゃん」を経営している。

キラー・カーン

深夜、出待ちの中学生に隠し撮りをされたことがあった。気付いた上田は「こら!」と叱ったが、少年の自宅に「必ず息子さんをお返しします」と電話した上で、「写真を撮りたいときはな、まず相手の人にお願いするんだぞ」と優しく諭し、その場で書いたサインを持たせて家まで送り届けたという。

上田馬之助

ある日、古舘伊知郎から1万円を借りたがそのことを忘れてしまった。当時若手だった古舘にとって1万円は高額であったが、相手は大スターであり、なかなか言うに言えず困っていた。ところがある日、猪木は急にそのことを思い出し、「いや〜、ごめんごめん」と30倍にして返した。

アントニオ猪木

体重を詐称してジュニアヘビー級のバトルロイヤルに出場したことがある。

荒谷望誉

ラッシャー木村とふたりで小料理屋に酒を飲みに行った時に、その店の娘に一目惚れし、後に結婚した。

アニマル浜口

(自身の技が)日本では当初かめはめ波と紹介されていたが、本人が「あれは『波動拳』だ!ここだけは譲れない!」と反論した。

ケニー・オメガ

1回の食事に2リットルのミネラルウォーターを何本も摂取しながら3時間ぐらいは毎日かけて食事を摂るらしい。

吉江豊

SMASHに登場した際、客から「おまえ誰だよ」と野次を受け、「私が誰かはWikipediaで調べろ」と答えた。

矢郷良明

還暦の際のインタビューでニンテンドーDSの脳内年齢測定ソフトで声とテストによる測定をしたところ、声と本体の相性があまりにも悪かったため、「測定不能」となった。

百田光雄

手ぶらで山篭りを敢行し遭難しかけ、持っていた携帯電話の明かりを頼りに下山した。

ミノワマン

『ケロロ軍曹』を見て感動し涙を流したこともある。

本田多聞

「スポーツドリンク」と称して酒を飲むパフォーマンスがある。

藤原喜明

デザイナーとしても活動しており、ロッテモーフィングソルジャーガム、ロッテビックリマンチョコ2000、プロレスリングZERO-ONEのロゴマーク、日本相撲協会公認横綱朝青龍、白鵬、大関琴欧州、日馬富士グッズ、などのデザインも手掛けた。

富豪富豪夢路

プロレス転向の話を持ちかけられた際に「幕内で勝ち越してから相撲を辞める」と決意。実際にその通りの結果を残し、晴れてプロレス転向を遂げた。

天龍源一郎

遅刻癖があるため本来の集合時間より早い時間を集合時間として伝えることを“蝶野時間”と言われている

蝶野正洋

サプリメントには、きなこ牛乳、サバ缶、チョコモナカジャンボを使用。

高井憲吾(チームでら)

2006年1月5日のリキプロ後楽園ホール大会で後頭部を切った翌日、病院で精密検査を受けた際、過去に頭蓋骨骨折を負っていたが、まったく気付かずに巡業へ参加し自然治癒していたことが発覚。手術をしなければ命に関わるほどの重傷だったという。

後藤達俊

天山広吉とタッグを組んだ際に「俺達は1+1=2じゃねえ、1+1=200だ! 10倍だぞ10倍!!」と言ったことがある。

小島聡

1 2 3





このまとめへのコメント1

  • フジアマンさん|2011.08.11

    消臭力って長州力からきてたんだ…サンダー・ライガーが閉所恐怖症って説得力がないですねw
    トピックつけておきました!

1