私は、深く世界の大勢と日本国の現状とを振返り、非常の措置をもって時局を収拾しようと思い、ここに忠実かつ善良なあなたがた国民に申し伝える。

出典終戦の詔勅(玉音放送)口語訳

朕深ク世界ノ大勢ト帝國ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ收拾セムト欲シ茲ニ忠良ナル爾臣民ニ告ク

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

玉音放送の口語訳全文と音声【終戦の日】

昭和20年(1945年)8月15日正午、昭和天皇が自ら詔書(大東亜戦争終結ノ詔書)を朗読したもの(レコードによる録音)を放送することで、日本がポツダム宣言を受け入れたことを国民に対して明らかにしたラジオ放送。「玉音」は、天皇のお声の意。「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」、終戦記念日

このまとめを見る