ぜひとも国を挙げて一家の子孫にまで語り伝え、誇るべき自国の不滅を確信し、責任は重くかつ復興への道のりは遠いことを覚悟し、総力を将来の建設に傾け、正しい道を常に忘れずその心を堅持し、誓って国のあるべき姿の真髄を発揚し、世界の流れに遅れを取らぬよう決意しなければならない。
 あなたがた国民は、これら私の意をよく理解して行動せよ。

出典終戦の詔勅(玉音放送)口語訳

宜シク擧國一家子孫相傳ヘ確ク神州ノ不滅ヲ信シ任重クシテ道遠キヲ念ヒ總力ヲ將來ノ建設ニ傾ケ道義ヲ篤クシ志操ヲ鞏クシ誓テ國體ノ精華ヲ發揚シ世界ノ進運ニ後レサラムコトヲ期スヘシ爾臣民其レ克ク朕カ意ヲ體セヨ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

玉音放送の口語訳全文と音声【終戦の日】

昭和20年(1945年)8月15日正午、昭和天皇が自ら詔書(大東亜戦争終結ノ詔書)を朗読したもの(レコードによる録音)を放送することで、日本がポツダム宣言を受け入れたことを国民に対して明らかにしたラジオ放送。「玉音」は、天皇のお声の意。「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」、終戦記念日

このまとめを見る