1. まとめトップ

『UN-GO』(アンゴ)ノイタミナ枠 壁紙に最適なキャラ画像やロゴまとめ 原作「明治開化安吾捕物帳」

『UN-GO』(アンゴ)は、ボンズ制作の日本のテレビアニメ。2011年10月よりフジテレビ・ノイタミナ枠などで放送開始予定。

更新日: 2011年08月16日

4 お気に入り 31538 view
お気に入り追加

ストーリー

終戦を迎えたばかりの未来の東京。そこでは、探偵業が既に流行らなくなった代わりに、メディア王・海勝麟六が膨大な情報量と優れた頭脳を生かして、幾多の難事件を解決していた。しかし、実は麟六の推理は、「最後の探偵」を自称する結城新十郎と、その相棒・因果によるものだった。世間からは、「敗戦探偵」と言われているが、それでも2人は力を合わせて、様々な事件の解決に挑むのだった。

登場人物

結城 新十郎(ゆうき しんじゅうろう)
声 -勝地涼
本作の主人公。探偵業を営む青年。自称:最後の探偵。ある事情で、世間とは離れて生活している。小柄だが、優れた運動神経と推理力で、様々な難事件を解決する。真実を知らない世間からは、「敗戦探偵」と揶揄されているが、警察や連合調整部からは一目置かれている。

因果(いんが)
声 -豊崎愛生
本作のもう1人の主人公。新十郎の相棒。訳あって新十郎と常に行動を共にする謎の美少年。可愛い容姿とは裏腹に、利発で小悪魔な性格。精神的に幼稚だが、新十郎に生意気な態度を取ることもある。パンダを模したパーカーを着ている。

海勝麟六(かいしょう りんろく)
通信会社『JJシステム』会長。政財界に通じ、戦後に普及した通信インフラとその技術を独占する「メディア王」。検察庁・警視庁などの情報分析顧問も務める。頭脳明晰で、虎山が持ち込む難事件を次々と解決する為、世間からは「名探偵以上の推理力の持ち主」と言われる。

海勝梨江(かいしょう りえ)
麟六の娘。育ちが良い為か、大らかな反面、大雑把な面がある。好奇心旺盛で、父・麟六に持ち込まれた事件を新十郎に吹き込んでは、彼を事件に巻き込む。

虎山泉(こやま いずみ)
検察庁連合調整の検事。麟六に意見を聞こうと難事件を持ち込むが、新十郎と関わる事も多い。

速水星玄(はやみ せいげん)
検察庁警備局課長。仕事の為、様々な難事件に関わる。

関連リンク

1