1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

libubさん

言わずと知れた16連打のヒーロー、我らが高橋名人が、意外にもご自身初の「究極のゲームソフト10本」を選んでくれました!
実はお酒の席で選んだようで、順位はあまり関係がないそうです(笑)。

第1位 チャンピオンシップロードランナー

概要

『チャンピオンシップ・ロードランナー』は、『ロードランナー』の上級者向けバージョンです。
基本ルールは『ロードランナー』と同じで、すべての金塊を回収して脱出するだけ。
ですが、その難易度の高さといったら……。ソフトのパッケージに、「警告! ロードランナー未経験者お断り!」と書いてあるくらいです。

「名人になったきっかけのソフトがこれなんです!」

名人「これは最高の名作ですね。僕が名人になったきっかけのソフトでもあります。ロードランナーには2種類あり、そのうちのハドソン版にはパズル要素があって、さらにスクロールすることにより敵が来るかもしれないはらはら感がある。演出にもこだわりがあり1番の傑作。DSでも出ているのでおすすめです」

1000万点、日本で初めて超えたのが名人だったっけ、チャンピオンシップロードランナー ( #libub at wcz.jp/3BenYk )

名人「全面クリアはたしか私が最初でしたね」

第2位 ボンバーマン

概要

ボンバーマンは、1985年12月19日にハドソンから発売されたファミリーコンピュータ(ファミコン)用アクションゲームおよびPCエンジン、ニンテンドーDS、Wiiなどのハード用の同名のゲーム。
スーパーファミコン用のスーパーボンバーマンなど、シリーズにおける異なる名称の作品も、単純にボンバーマンと呼ばれることが多い。

「ボンバーマンのバトルエリアが狭まっていく理由」

名人「対戦する、みんなで遊ぶのはこんなに面白いんだと思わせてくれる1作。32Kというのは32キロビットという意味。あえて表示した理由は当時の感覚で凄そうに見えたからではないか。PCエンジン版の88年にゲーム大会があり毎回一番最後に残るのは強い人、なかなか死ななくて決着が着かなかった。そこで3分で試合を終わらせるためバトルエリアが時間が迫ると小さくなっていく機能がついたんです」

ボンバーマンは今の小学生でも夢中になってしてますよ! ( #libub at wcz.jp/3BenYk )

名人「子どもたちはみんな始まった瞬間Aボタンを押してしまい死んでしまう、かわいそうなのでどこかに移動するまでは爆弾を設置できないシステムにした、という裏話があります(笑)」

コンティニューの暗号で桁を入れ替える裏技が斬新でしたね ( #libub at wcz.jp/3BenYk )

名人「単純にこれはバグ、プログラムを解析していないのでわからないが、トラブルからこれは生まれたのではないか。悪いバグを違ってこういう面白いバグはやっぱり裏技って言っていいのではないか」

ボンバーマンの50面クリアすると、ロードランナーに変身するんだよね。 ( #libub at wcz.jp/3BenYk )

第3位 ドラゴンクエスト4

概要

エニックス(現スクウェア・エニックス)より発売されたゲームソフト。ジャンルはロールプレイングゲーム(RPG)。
日本では、1990年2月11日にファミリーコンピュータ(以下FC)用ソフトとして発売され、その後リメイク版としてプレイステーション(以下PS)版が2001年11月22日に、ニンテンドーDS(以下DS)版が2007年11月22日に発売されている。

「ドラクエなら"どこへでも行ける"」

名人「ドラクエ5とどちらにしようか迷ったが、仲間が助け合うストーリーが好きなのでこちらを選んだ。ドラクエをやると世界観がすごく広がる、FFと違ってドラクエはどこにでもいける所がいいんです。自由度がありすぎてどこにいったらいいかわからない難点があるがインターネットと同じでどこへでもいけるという自由さがあるのは非常にいいと思いましたね」

「にげる」8回だったっけ ( #libub at wcz.jp/3BenYk )

逃げる8回で「会心の一撃」だそうです!

第4位 ファイナルファンタジー7

概要

日本国内で1997年1月31日にスクウェア(現:スクウェア・エニックス)より発売されたプレイステーション用RPG。ファイナルファンタジーシリーズのメインシリーズ7作目に当たる。

「ゲームに革命を起こした作品」

名人「FF2は嫌い、2は仲間内できりあって経験地を稼ぐ裏技があるから嫌いなんです。ロープレは仲間内で助けながら進んでいくものだと思っている。この作品はゲームに対してムービー・CGの部分で革命を起こした一本。ゲームの世界がいっぺんに変わりましたね。これが発売したときは会社で仕事をせずにやったくらいはまりました。ただ見るだけのムービーが多すぎるのが難点、ストーリーが一本道になってしまうから」

FFはムービーが多いかわりに本筋以外のゲームも多かった気がする。 ( #libub at wcz.jp/3BenYk )

第5位 スーパーマリオブラザーズ

概要

社会現象とも言える空前の大ブームを巻き起こし、ファミコンゲーム、ひいては家庭用ゲームの認知度を高めるのに最も貢献したソフトであると言われている。
シリーズ化され数多くの続編が出ており、またシリーズ以外にも多くの追随するゲームを生んだ

1 2 3