1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

氷を大量に食べるとき、わたしたちの体は氷を溶かすためにエネルギーを消費する。氷ダイエットを発明した胃腸病学者、ブライアン・ワイナーの計算によると、1日1Lの氷は、数キロメートルのランニングと同じだけ、つまり約160キロカロリーを消費させる。
凍っている分の熱量を、差し引く

彼のアイデアは科学雑誌「Annals of Internal Medicine」で発表されていて、ワイナーはその後、無料でダウンロードできる電子書籍を執筆している。

冷たい食べ物、凍った食べ物であれば、その分カロリー計算を減らすよう考慮すべきだというのが彼の考えだ。さらに、心理的な意味もある。凍った水を食べることにより、口と胃を満たして、空腹感を先延ばしにすることができる。

、朝バナナダイエット、低炭水化物ダイエット、低脂肪ダイエットなど、ファドダイエットに分類される“ダイエット”はたくさんあります。すでに流行が去った懐かしい名前のダイエットもありますよね。

 こうしたファドダイエットの基本は、「特定の食品を排除する制限食」で、「簡単ですぐに痩せる」と提唱していることです。

 確かに、ファドダイエットをやってみると、短期間は減量効果が見られます。ある食品を食べることを止める、あるいは特別な食べ物の組み合わせを食べることで、私たちが普段食べている食事より、カロリー摂取が減るからです。ところが、短期間で減るのは、脂肪ではなく水分や筋肉です。そして多くの人が、制限食は長く続けられず、もとの食生活に戻り、そして短期間で減った体重ももとに戻ります。

脂肪燃焼しやすい体を作り大麦朝ご飯・写真を撮る・回数増えても!食前コップ2杯水で1.8kg減量、

香川大学の研究でD-プシコース、D-アロースという希少糖の製造に成功しました。

ダイエットをするときには、1週間や1か月おきに、ご自分の全身の写真を撮ることをおすすめします。そして、変わっていく自分の姿を記録に残しましょう。そして理想の体型に近づいてきたら、どの程度の体重が理想なのかを見つめ直しましょう。

こうすることで、ダイエットで身体を壊すことを防ぎやすくなります。そして、この記録が、あなたが努力した記憶と結びつき、リバウンドを防ぐ最上の予防線となります。

自分の身体を客観的に見つめて、最も理想に近い状態に近づける。みんなで、理想のボディを手に入れましょう!

食事による1日のエネルギー消費を計測したと研究によると、がつがつ食べるのと、少しずつ食べることに大きな差はないようです。また摂食回数が減量に影響するという結果は(一度を除き)ほとんど出ませんでした。(中略)

179回に及ぶ研究結果を元に摂食回数と減量の関係を見い出すことはできませんでした。

食前にコップ2杯の水を飲んでいた人は、飲んでいなかった人と比べ、平均1.8kg多く減量していたことが分かった。

ナイフやフォークを使う

手で食べるより、ナイフやフォークを使う方が手間がかかる分、速度を遅くすることができます。

(4)精製されたものより全粒穀物を

精製された穀物よりも、全粒の穀物の方が噛みごたえがあるので、噛む時間が増えます。

(5)ムード作りも大事

薄暗い明かりや、ゆったりとした音楽などのリラックスした雰囲気の中だと、ゆっくりと食べることができます。逆に明るい照明や騒がしい雰囲気では、速く食べてしまう傾向があるのでご注意を。

週2日のゆるめ断食がポイント「5:2ダイエット」 bit.ly/11ZOALF ライフハッカー[日本版] pic.twitter.com/EJbMszddo2

骨盤くびれダイエット・プロサポートコース―ダイエットのプロ大野員正が教える寝る前わずか5分でくびれを作るダイエット法info-zero.jp/ebookdtl.php?e…

ダイエットが長続きしなくて、痩せたくても痩せれない方、必見!リバウンドも、もう怖くない!PCサイトbit.ly/jc2CY4 携帯サイトbit.ly/jEdp75

そろそろ飯の時間だな。ダイエットしてる女は世界中に沢山いると思うが、飯を抜く事だけは絶対にしてはいけないことだ。せめて飯の一杯か果物だけでも、19~21時までの間に腹に入れとくのが理想だ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10