1. まとめトップ

難聴者いじめ!中途難聴者差別は地獄だ!日本国民総いじめ!会話に字幕が欲しい

国は助けない。人権侵害救済法がないからでしよう? 誰か教え下さい。家族を抱え路頭に迷うか、自決するか何度も迷ました。 何でも多数決で決まる日本では・・音は聞こえても聞き分けが出来ない障害者は政治家も誰も助けません。 見えない障害は嘘つきとしか、知的障者の次に多いイジメは誰も・コメント下さい

更新日: 2019年01月06日

3 お気に入り 30395 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

daiba49さん

聞き取れない音がある体質の少年が、どうしても声を聞きたい少女と出会う漫画「君の声が聞こえない」が多くの感動を呼んでいます。純粋な少年と少女の物語に、思わず胸打たれてしまいます。

難聴者向けに聞きやすい音声を再生するスピーカーシステム「コミューン」を拡販する。市場が大きい関東圏で代理店を募り販売・サービス網を構築する。これにより2013年度内に300台、14年度は1000台に販売を増やす。医療機関や公共施設、金融機関へのシステム販売に加え、放送・通信業界などへの技術ライセンス供与も始める。

ある日突然、耳が聞こえなくなったら――。耳の病気を経験したことのない人が、明確な原因もなく突然耳が聞こえなくなる「突発性難聴」。日本では年間3万5000人が突発性の難聴を発症し、そのうち2万3000人が完治することなく難聴者となっている。

 2011年に設立されたNPO法人 日本ユニバーサル・サウンドデザイン協会は「声と音のバリアフリーを目指して」をコンセプトとして、補聴器や人工内耳を装用した難聴者の聞こえを改善する活動を行っている。その一環として、難聴の生徒を対象とする「きこえのあしながさんプロジェクト」を2013年12月に開始した。

 きこえのあしながさんプロジェクトは、同協会とユニバーサル・サウンドデザインが共同開発したコミュニケーション支援システム「COMUOON(コミューン)」を、全国のろう学校や難聴学級、特別支援学校に寄贈する活動だ。その第1号として、日本ユニバーサル・サウンドデザイン協会は2014年1月、東京都台東区教育委員会にCOMUOONを寄贈した

高い音が2オクターブも低い音に誤認識される 新しいタイプの聴覚障害を発見

本研究成果のポイント
・蝸牛有毛細胞の聴毛の構成要素としてNherf1(ナーフ1)タンパク質が重要であることを発見し、これが欠損すると高音域の聴毛の配列に重大な異常をきたす
・この聴毛配列の異常により高音が2オクターブも低い音で誤認識される新しいタイプの聴覚障害の存在を発見した

概要
順天堂大学医学部耳鼻咽喉科学講座の神谷和作講師らは、フランス・パスツール研究所などとの共同研究で、
聴毛配列の異常によって「高周波の音が2オクターブも低周波の音に誤認識される」という全く新しいタイプの聴覚障害の存在を発見しました。
これまで高音域の軽い聴力低下と思われていた症例でも、実際には騒音下で著しく聞こえが悪くなるような聴覚障害が存在する可能性が示されました。

作曲家偽装問題の渦中にあり、「両耳の聞こえない作曲家」として知られた佐村河内守氏(50)がきょう7日、都内で記者会見を開く。騒動を謝罪する一方で、自治体の求めで受けた聴力の再検査の結果を示す。 「新垣隆さんはじめ、幾人かの方々が言われていることについては ...

聴覚障がいをテーマにしたラブストーリーがはやったことがありました。

実際に耳の聞こえない人にこのドラマの感想を聞いたことがありますが、聴覚障がいの人の気持ちをまるで理解していないドラマだと、辛口の評価をしていました。


ひょっとすると、私たちは、実は人の気持ちを理解しているつもりでも、実際には「つもり」であって本当のところは理解していないことが多々あるんではないかと、私はこれらのドラマのまわりの反応を見て感じています。

難聴の人向けスピーカー、NPOが開発中途難聴者差別は地獄!指示聞かん!つるし上げ

中途難聴者差別は地獄!指示聞かん!つるし上げ!辞めろ!死ね!この国は助けない。

通常拡散する音をマイクで拾って真っすぐ伝える仕組みで、難聴の人でも音が明瞭に聞こえる。補聴器は雑音も拾ってしまいストレスが大きかったが、コミューンは軽度~中度の難聴者の聞こえを改善し、補聴器を外せた人もいるという。

 コミューンを寄贈したのは、NPO法人「日本ユニバーサル・サウンドデザイン協会」(千葉県松戸市)。中石真一路(しんいちろう)理事長(40)らが2010年、遠くまで音が届くスピーカーの研究をしていた際、試しに、難聴だった中石理事長の父親に聞かせたところ、テレビの音量を半分に下げても聞こえたため、音響機器開発・販売会社「ユニバーサル・サウンドデザイン」(港区)を設立し、製品化に乗り出した。

「補助犬は無償貸与なので、その後も連絡を取って犬の作業状態を確認したり、健康診断書を提出してもらって健康管理をしたりします」(吉田さん)

 聴導犬は10歳前後で引退することになります。ユーザーさんは、次の聴導犬を迎え入れるときに、引退犬を飼うか協会に返却するかを選びますが、継続して飼う人が多いそうです。やっぱり大事な家族なんですね。

 現在、日本には52頭しかいない聴導犬。まだまだ街の中で見かける機会は少ないのですが、もしたまたま見かけることがあったら、私たちはどう対応すればいいのでしょうか。

 「聴導犬は人が大好きなので、呼ばれると反応してしまうこともあります。ですから、お仕事中の聴導犬に声をかけたり勝手に触ったりするのはNG。また、食べ物や飲み物は、ユーザーさんが排泄のコントロールなどのために調整しているので、勝手にあげることは控えましょう。それから、もしもユーザーさんが何か困っていそうだったら、『何か困っていることはありますか?』と聞いてサポートしてください。手話が使えなくても、目を見ながらゆっくり、はっきりと口を動かして声をかければ大丈夫です」(吉田さん)

1 2 3 4 5