1. まとめトップ

野菜の宅配、どこにしよう。大地を守る会、Oisix、らでぃっしゅぼーやの比較

2013.5.5情報更新。東電福島第一原発事故以来、安心して食べられるものがどんどん減っている。スーパーに行っても肉の産地表示はせいぜい「国産」まで。こうなったら「こだわり食材」の通販で買うしかないのか?どこにしようか?ということで、比較してみました。らでぃっしゅぼーやは詳細比較から除外します。

更新日: 2013年05月05日

chaya999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
40 お気に入り 169861 view
お気に入り追加

私はできれば西のお店から産直で買いたい。でも知らないお店から簡単に買えないのは産地偽装が怖いからで、極力、偽装をしそうにないと自分が思える、社会的信頼のある販路から買いたい。これが当初の意向です。

大地を守る会

「単なる商売人ではなく志が高い」というイメージがあったので、心情的には大地の会から買いたいと思いながら情報収集を開始。

大地を守る会の放射能測定について

放射能測定検査その1
高精度検査機器「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」4台導入。業界トップクラスの測定検体数を実現し、毎週約700品目の不検出確認済み商品をお届け

「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」による具体的な測定方法
「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」は、核種ごとの分析が可能な高精度検査機器で、外部機関「放射能汚染食品測定室」と同程度の機器です。大地を守る会では、同機器を4台使用し、「子どもたちへの安心野菜セット」を中心に、多くの商品の自主検査を進めています 。

上記は引用文なので、会の言い分そのままを掲載していますが、事実に即してどの程度正確な表現なのかはまとめ執筆者にはわかりません。下記についても同様です。

放射能測定検査その2
超高精度検査機器「ゲルマニウム半導体検出器」を使用し、
子どもが食べる頻度が高いと想定される商品の重点検査を実施。
検出限界値は、放射性ヨウ素131、放射性セシウム134、137が
それぞれ概ね3ベクレル/kg。

放射能測定検査その3
外部機関へ依頼し、サンプリング測定した数値結果を公開

その1、その2でご紹介した放射能自主測定のほか、外部機関の「放射能汚染食品測定室」などに依頼してサンプリング測定した結果を「測定数値公開について」にて、数値を公開します。
国の暫定規制値以下の品目、過去に出荷制限した品目についても、正しく数値を公表する姿勢を貫きます。サンプリング測定は、今後も頻度を保ち、週に1回公開できるよう努めます。

↑「過去に出荷制限した品目についても、正しく数値を公表」ということは?

以前汚染が確認された地域の農産物でも、新たに計測して限界値以下なら出荷しますという意志表明にも受け取れるが、違うのだろうか。

放射能の検査体制があるのは確か。その精度をどう評価するかは消費者次第

以前はスクリーニングが第一段階となっていたが、1年経て第一段階は「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」へと変わっていた。しかし全品ではない。「子どもたちへの安心野菜セット」については、出荷前に生産者からサンプルを取り寄せ、全品目を検査しているほか、短角牛は全頭検査を行なっているとのこと。(2013年5月5日HPチェック時)しかし、宮城県のように原発事故直後から放射能汚染についてほとんど情報公開してこなかった産地が含まれていることをどう受け止めるかは、人によって異なるでしょう。

農薬に頼らず育てた旬の国産野菜を中心に、脂身まで甘味のある豚バラスライスをセット。全て味が濃くてびっくりする美味しさです。はじめてご利用のお客様のみお買い求めいただけるオトクなセットです。全国送料無料です。

以前試してみようと思いチェックした"基本セット"。「商品内訳例」でみる産地は以前と同様、【じゃがいも】長崎県/鹿児島県、【キャベツ】神奈川県、【河内晩柑】熊本/愛媛【トマト】埼玉県、【ニンジン】千葉県、【新玉ねぎ】長崎県/熊本県、【豚バラスライス】宮城県…といった具合。前回より西の方が少し多いのは季節要因か?安心できそうな産地と私が避けたい産地とが混じっていて、やはり買えない。。

放射能汚染があった地域の豚肉は、1~2ベクレルのセシウムが検出されます。おそらく、餌の何かが汚染されているのだろうと思いますが、1ベクレルたりとも内部被曝したくないという方は、頭に入れておいても良いと思います。一般的に、この程度の汚染だと「不検出」として扱われます。

複数産地から供給される野菜が多く、その場合どこ産が届くかわからない

↓↓

【追記】単品で、産地の選べるコーナーができた。でもまだまだアイテム不足かな…

産地が混じっていては困るから、セットでなく単品ならいいかな?と思い「葉もの・茎もの」コーナーを閲覧。しかし【長ねぎ】神奈川県・群馬県・埼玉県・茨城県、【みょうが】群馬県・奈良県・和歌山県・香川県、【ニラ】宮城県・高知県・栃木県、【つるむらさき】福島県、【モロヘイヤ】福島県、…こんな感じ。アスパラガスは香川県と長崎県だったりするけど、よく使う野菜の多くは、安心らしき産地と、避けたい産地が混在している。

期待感をもって根菜類も見てみましたが、じゃがいもですら複数産地。。千葉・埼玉などが含まれている。(2013.5.5追記:野菜や産地の内訳は違えど、私が避けたい産地が混在している状況は変わらず。)

大地の会の豚肉は宮城県産が多い

牛乳は、産地が飛騨高山に限定されたものがある

お豆腐原料豆の産地はわかりにくい

商品ページで、お豆腐の産地を見ても分かりやすい位置には「国産」としか書いておらず、記事を読んでいくと契約栽培の埼玉産だったりする(神泉豆腐)。原料の産地が明確なものは、もっとわかりやすく表記して欲しい。

他のお豆腐では最後まで「国産」としか書いていないものもある。

気になる定番おかず、鳥のから揚げは原料産地が明確

「とりのからあげ」の名称。生協でも扱っている、秋川牧園(山口県)と明記されています。でもお弁当用ソースメンチカツとかチーズ入り鮭フライとか切干し大根の煮物などざっと見てみると、原料についてどこ県産かの表示はあまりなされていません。

味噌は「やさかみそ(甘口)」の原料大豆が島根県産と表示

味噌はたくさん使うので、原料大豆の産地は気になるところ。別の味噌は産地がわかりませんでした。同じ「やさかみそ」でも(中辛)のほうは国産としか書いてありませんでした。なぜだろう?

大体、こんな感じ。産地が単一県のものもあるけれど、定番野菜では、確実に自分が買いたい産地のものを買う(買いたくない産地のものを避ける)のはかなり難しいサービス内容です。。おかずやおかしもほぼ同様。産地の明確さ/曖昧さという点では、生協とほとんど変わらないというのが私の印象です。

1 2





このまとめへのコメント6

  • kokomisoさん|2013.07.05

    やさか味噌の現在出荷分において島根県産の米、大豆はほぼ使用されていません。会社に確認しても無駄でしょう。DNA検査しかないですね。米は大部分が産地不明(網下米)です。大豆は主に関東以北の東北産です。

  • zyrさん|2011.09.09

    自薦させていただきます。北海道から九州までの安心な野菜を宅配しています。関東~東北産は外部委託による放射能自主検査済み。ただいま、放射能不検出の野菜と北海道、四国、九州の野菜のみを扱った安心な野菜の宅配セットをお届けしています。提携生産者が少ないことで精度の高いサンプリング検査ができています。検査結果、栽培方法、産地も表示してお届けしています。http://www.zyr.co.jp

  • chaya999さん|2011.08.23

    ご丁寧にありがとうございました。利用者の方の情報は役立ちます。参考にさせていただきますね。

  • yuduyuduさん|2011.08.23

    お返事ありがとうございました。

    他の団体は使ったことないので分からないですが、
    大地を守る会ははいってるので、お伝えしておくと
    産地が選べないとのことですが、「子どもたちへの安心野菜セット」という、
    北海道・甲信越・愛知以西の野菜のみのセットがありますよ。(山梨まではいっちゃいますけどね…)
    あと、卵も西のみを選べます。
    それと、震災前収穫が主原料の商品一覧が毎週届くので、
    「いつの間にか大豆が新豆だった」ということはないかと。
    ただ、検出限界が気になっちゃうと、大地では買いにくいかもしれないですね。

  • chaya999さん|2011.08.23

    購入するのがこれからだからです。

  • yuduyuduさん|2011.08.23

    豆腐や味噌の大豆の産地を問題視してるのはなぜですか?今年産はまだ収穫前ですよね。味噌にいたっては、発酵期間を考えれば、今年産の大豆の製品ができあがるのは、さらに先だと思いますが…。

1

食いしん坊なので、アイコンも食べ物(^_^.) 夏のdishですが、トマトは家庭菜園のアイコ、スライスしてあるのは鶏むね肉の燻製風(自家製)です♪