日常から排水溝を清掃しておくことも大切ですが、止水板や土のうを用意しておくと安心です。

出典大雨の対策について:株式会社日立ビルシステム

事前にこれらがなかった場合には、土を入れたプランターを連結し、レジャーシートで巻き込んで簡易土のうとして使用する、また、10リットル・20リットルのポリタンクやポリ袋を利用して簡易水のうをつくれば、初期段階の浸水防止に役立ちます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

大雨・浸水に備えて準備しておくこと【大雨対策】

大雨、集中豪雨は、時期や規模をある程度予測することができます。普段から気象情報に注意し、いざという時に備え、家庭ではもちろん、まちぐるみで、日頃から対策をとるようにしましょう。

このまとめを見る