1. まとめトップ

芸能人の暴行・傷害事件

不祥事で芸能界引退に追い込まれた島田紳助以外にもこんな人たちが……

更新日: 2016年07月02日

3 お気に入り 262825 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyoumoeさん

宮地佑紀生

事件が起きたのは、27日午後2時55分ごろ。東海ラジオが97年から放送している「宮地佑紀生の聞いてみや~ち」(月~木曜、後1・00)の生放送中だった。スタジオで宮地容疑者が突然、対面して座っていたタレントの神野三枝(50)の左脚を数回蹴り、放送用マイクで唇を殴って10日間のケガを負わせたという。

 当時、神野は番組プレゼント当選者からのお礼の手紙を読んでいた。「えっ、えっ」という神野の声に続いて、マイクで殴ったときのものとみられる「ボン」という音声が流れた。その後、何事もなかったように番組は終了の午後4時まで放送された。

島田紳助

2004年10月25日、大阪・ABC社内にて『クイズ!紳助くん』収録前、同じ吉本興業に所属する勝谷誠彦の女性マネージャー(当時40歳)が、紳助の尊敬する会社の社長や上司を呼び捨てにして話すのを聞き、さらにその女性が会社に入ってすでに5年目と知り、その女性を別室に無理やり連れ込み説教をしたが、反省の様子がまったくないと腹を立て、拳や物で殴る、髪をつかんで壁に打ちつける、顔に唾を吐きかけるなどの暴行を加え、全治一週間の頸椎ねんざを負わせた。

中村七之助

2005年(平成17年)1月には、泥酔してタクシーに無銭乗車したうえ、運転手の通報で駆けつけた警察官に対して殴る蹴るの暴行を加え、大塚警察署に公務執行妨害で現行犯逮捕された。父の「中村勘三郎」襲名を目前に控えた祝賀パーティーからの帰途での事件であったが、3ヵ月間の謹慎を受けた。

木村一八

1988年11月、俳優として順風満帆だった19歳の時、タクシー運転手に暴行、傷害容疑で逮捕された。当時交際していた飯島直子や相楽晴子ら遊び仲間と飲酒後、六本木の路上でタクシーを停めようとしたが、乗車を拒否されて立腹。直後に停車した別のタクシーに八つ当たりをし、車体を傷つけた。驚いて声をあげた運転手(先に乗車拒否した者とは全くの別人である)に因縁をつけ、路上に引き摺り出し暴行を加える。仲間が嘲笑しながら煽った言葉に高揚し、執拗なまでの暴行を加え続け、運転手を脳挫傷に至らしめた。一八は勝ち誇った表情で「こいつが死んだら俺がムショ(刑務所)へ行ったらええんやろっ!大したことあらへん!」と叫び、仲間は歓喜の声を上げ、拍手までしていたとの目撃情報が多数あり、マスコミはそれを報じた。

横山やすし

タクシー運転手に対する傷害と無免許運転事件の影響で、長期謹慎を受ける。

稲垣吾郎

2001年8月24日 東京都渋谷区内で、稲垣は駐車禁止の路上に止めていた乗用車に戻ってきたところを取り締まり中の女性警官3人に見つかった。免許証提示を求められたところ車を発進させ、制止しようとした女性警官一人の膝に接触した疑いとして、公務執行妨害と道路交通法違反(駐車禁止)で現行犯逮捕された。警視庁渋谷警察署は26日午前、稲垣の身柄を傷害罪も含め裁判所に勾留を請求したが認められず、東京地検は稲垣を同日午後に釈放した。その後、事件の経緯に悪質さは見られず、稲垣本人に逃亡の意思はなかったという地検の判断により公務執行妨害と傷害については起訴を見送り、同年9月21日に起訴猶予(不起訴)処分となる。その後、2002年1月14日まで約5カ月間に渡り芸能活動を自粛した。

柏原崇

2004年 12月に路上にて車を立ち往生させ洗車していた人物とトラブルの末、傷害事件を起こした。

山本圭一(極楽とんぼ)

2006年7月16日、茨城GG遠征試合で訪れた北海道函館市にて、同席していた未成年の少女から「酒を飲まされ強姦をされた」という内容の被害届を17日に提出され、同日北海道警察函館西警察署より事情聴取を受ける。この日ゴールデンゴールズの試合が行われていたが、この時萩本欽一監督とメンバーは事件の詳細を知らなかったため、欠場理由を「体調不良」として当日集まった観客に説明し、そのまま予定通り試合を行った。

7月18日、所属事務所の吉本興業は、上記不祥事の報告を本人から受けて「専属芸能家契約の解除」を発表した

しゅう(シャ乱Q)

1998年12月、未成年女性への暴行が発覚、シャ乱Qを脱退。

布袋寅泰

2007年10月、パンクロック歌手で芥川賞作家の町田康に暴行し軽傷を負わせたとして、木更津簡易裁判所より傷害罪で罰金30万円の略式命令を受けた。なお、暴行事件を起こした布袋を「布袋寅泰容疑者」ではなく「布袋寅泰氏」または「布袋ギタリスト」と呼称した一部マスコミも存在した。

1 2