1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

調査捕鯨船、南極海から下関に帰港 ミンククジラ333頭捕獲] 日本の捕鯨船が南極海で捕獲したミンククジラ。日本鯨類研究所提供(撮影日不明、2014年11月18日提供)。

日本の捕鯨船団が南極海( Southern Ocean )での調査捕鯨を終え、捕鯨船5隻のうち調査母船「日新丸( Nisshin Maru )」を含む3隻が3月31日、山口県下関市の港に帰港した。水産庁が発表した。捕鯨船は昨年11月に南極海に向けて出港し、当初の計画通りミンククジラ333頭を捕獲した。

 調査捕鯨活動はこれまで、国際水域で反捕鯨団体「シー・シェパード( Sea Shepherd )」による妨害をたびたび受けてきた。

 しかしある水産庁職員は、今回はシー・シェパードのメンバーから捕鯨船の安全を脅かすような妨害行為は受けなかったと述べ、理由の一つとして、捕鯨船団を守る監視船の派遣を開始したことを挙げた。

水産庁は前週終了した三陸沖での春の沿岸調査捕鯨で、ミンククジラ30頭を捕獲したと発表した。国際司法裁判所(ICJ)が3月、南極海での調査捕鯨の中止を日本に命じる判決を下して以降、初の捕鯨となった。

 水産庁によると、4月に宮城県石巻市の鮎川港から出航した捕鯨船団は前週、調査捕鯨を終えて帰港した。

 ICJは3月、日本が毎年南極海で行っている捕鯨活動は、科学調査の名を借りた商業捕鯨だと判断した。一方、日本側は春と秋に北西太平洋沿岸域で行っている活動も調査捕鯨と位置づけているが、南極海での捕鯨のみを取り上げたICJでは争点とならなかった。

 水産庁によると、今回捕獲されたクジラは、雄16頭と雌14頭。体長は平均約6メートルだった。(c)AFP

シー・シェパードは「勇新丸(Yushin Maru)」と「第三勇新丸(Yushin Maru No. 3)」が2日、同団体の抗議船「ボブ・バーカー(Bob Barker)号」の船首に向かって11回にわたり、スクリューやかじに引っかける目的で鋼鉄製のケーブルを放るなどしたと主張している。

 また、ボブ・バーカーがケーブルを切断し、船体を保護するために小型のボート2隻を降ろしたところ、船員に向かって竹やりが投げ付けられたという。

 今季の捕鯨が始まって以来、調査捕鯨船団とシー・シェパードの衝突は今回が3度目となる。これまでの小競り合いによる負傷者は出ていない。

シー・シェパード幹部のスコット・ウェスト氏はこう述べている。

〈イルカは牛などに比べて人間に近い。われわれと同じような複雑な頭脳と形態を持っている。彼らは文化的な共同体を持ち、自身の言葉や歴史を持っているから人間に近い。他の家畜とは違う〉

 イルカは人間と同じだとする“イルカ教”のカルトも同然であり、科学的根拠はどこにもない。

シー・シェパード捕鯨妨害船、豪を出港 今季も南極海で日本船団妨害 2013.12.18 13:42 反捕鯨団体「シー・シェパード」は18日、南極海での日本の調査捕鯨活動を阻むため、 オーストラリア南東部ホバートなどから妨害船3隻を同日出港させたことを明らかにした。 日本の調査捕鯨船団は今月7日に山口県下関市を出港。来年3月ごろまでの予定でクロミンク クジラなどを捕獲し、生態を調べる方針で、今季も同団体からの激しい妨害行為を受けることに なるとみられる。 シー・シェパードをめぐっては、日本鯨類研究所が調査捕鯨妨害の差し止めを求めて米国で提訴し 現在も係争中。日本などの要請で国際刑事警察機構(ICPO)に指名手配されている同団体の 創設者ポール・ワトソン容疑者は今年11月、米シアトルの連邦高裁に出廷し、既に

日本人は残虐だった。
イルカは虐殺された。
海は血で染まった。

その町に入って橋を渡ると,2つのイルカ像があった。歩道には,イルカの絵のタイルがあった。だが,イルカにとって,その町は地獄だった。その町の国立公園には,不思議な場所があり,高いフェンスがあって,有刺鉄線で入れないようになっていた。その向こうには,恐ろしい入り江coveにつながる立ち入り禁止区域があり,そこにはセンサーが仕掛けられ,人の気配を察知して警官が来るようになっていた。イルカの捕獲に使用されている入り江coveは,一般人が入れないように,隠されていたのだ。

毎年ある時期に,イルカたちはその町の近くの海を通る。それがイルカの習性だった。そのイルカの通り道に,日本人は網を張り,水中の音声発生装置でイルカを脅し,入り江coveにイルカを強制的に押し込める。そして,逃げ場のないイルカに対する虐殺が始まるのだった。

1 2 3