1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

「ウィキリークス」が暴露した資料によれば、2009年オバマ大統領は、広島を訪れ、日本国民に公式的に謝罪するつもりだった。この件についてオバマ大統領は、電話で藪中三十二(やぶなか みとじ)外務事務次官〈当時〉と討議した。それ以外に、当時のヒラリー国務長官の指示で米国は、日本に公式書簡を送り、その中で、原爆投下に対しオバマ大統領が謝罪する意向を伝えた。しかし、それに対し薮中外務事務次官は「そうした行為は時期尚早だ」

過去に一度女優と結婚したものの離婚し、それ以来どんなに美しくセクシーなタレントと交際しても数年で破局していた米俳優ジョージ・クルーニー(53)。そのジョージが、昨年交際を始めたとされる30代の美人弁護士と結婚した。

どんなに美しい女性も落とせなかったジョージ・クルーニーを、聡明な弁護士アマル(Amal Alamuddin)さんがついに射止めた。2人は昨年交際スタートを伝えられ、瞬く間にヒートアップ。今年に入りジョージのプロポーズを経て婚約成立に至り、ついにゴールインした

ジョージ・クルーニー(52歳)の新しい恋人は、ロンドンで最もホットな女性弁護士に選ばれたインテリのイギリス美人。 だが、実は、レバノンの首都ベイルート生まれのアラブ人なのだ。 とにかく、彼女はカッコいい。 古臭いアラブ観に囚われていれば、戸惑わされる。

 アマル・アラムッディーン、36歳。 国際法、人権問題の専門家で、米国が指名手配し、スウェーデン当局がレイプ容疑で逮捕しようとしているウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジの弁護士を務めている。 また、ウクライナ政府の人権侵害を訴えているティモシェンコ元首相の代理人としても知られている。 その美貌ばかりでなく、国際刑事裁判所や欧州人権裁判所での華々しい活動は、ジョージ・クルーニーとのゴシップが発覚する以前から人目を引いていた

1. 基本的なインターネット利用の凍結
 インターネットへのアクセスにおいて、コンピュータが一時コピーを作成するのに権利者の許可が必要になる可能性がある。通常のルーチン作業にも、動画をバッファリングしたりウェブサイトをキャッシュするにも一時コピーの作成は必要で、技術的な必要性を無視している。

2. 医薬品へのアクセス制限
 医薬品の特許が延長される。ジェネリック薬など、安価な医薬品が入手しにくくなる可能性がある。

3. 外科療法への特許保護を拡張
 外科治療に必要な機械、製品、薬品に適用されている特許例外が排除される可能性がある。

4. 著作権保護期間の延長
 現在、作者の死後50年を上限に各国が個別に定めている著作権保護期間が、個人の場合は作者の死後70年または発表後95年に、企業所有作品の制作後は120年に、延長される可能性がある。経済学者や法律学者の研究では「著作権の最適な長さはせいぜい7年」だという。これほどの延長はむしろ公益に反する。

TPP交渉会合のうち同月30日の首席交渉官会合で配布された英文資料とされ、95ページに上る。

 製品に関する特許と著作権などの定義や保護される期間についての原案に、各国の賛否や意見が細かく付記されている。著作権侵害については、権利者の申請なしに当局が法的措置をとる手法が提案され、米国など10カ国は賛成だが、日本とベトナムは反対していた。各国の対立が激しい医薬品について米国が提案したのは、途上国で安価な後発医薬品の利用が制限される従来の内容だった。

 甘利明TPP担当相は14日の記者会見でウィキリークスが公開した文書について、「事実関係はかなり疑わしい」と語った。

 米通商代表部(USTR)の高官は13日、産経新聞に、文書の真偽の確認は避けたうえで、「知財分野の交渉はまだ終わっておらず、最終的な条文は存在しない

20の罪について有罪の判決が言い渡された。  一方で、国際テロ組織「アルカイダ」に情報が渡る可能性を認識していたとされる「利敵行為」の罪については、無罪となった。量刑は順次言い渡されるが、数十年間の禁錮刑となる可能性もある。  「判決は短絡的なものであり容認できない。改められるべきだ」-一方、ウィキリークスの創設者で性的暴行容疑がかけられているジュリアン・アサンジ容疑者は、判決を強く非難するとともに、「正しい情報を市民に伝えることはスパイ行為にはあたらない」とマニング上等兵を擁護した。

「ウィキリークス」党は9月の議会選に出馬する可能性があり、アサンジ氏はヴィクトリア州でのウィキリークス党の出馬名簿に従って、上院の議席を狙う。上院議席獲得のためにはアサンジ氏は14%以上の得票を集めねばならない。6月初め、ヴィクトリア州で実施された世論調査によれば、回答者の27%がアサンジ氏に一票を投じると答えている。

ウィキリークスは世界中の政府、企業の不正を告発し、民主主義の発展を目的として2006年、オーストリア人のジュリアン・アサンジによって創設された。

1 2 3 4