1. まとめトップ

賃金上昇率が中国の倍にもかかわらず、生産率の向上スピードは半分に過ぎない。ベトナムやインドネシアも中国に追いついたとはいえない。

工場移転には賃金のほか、生産コスト、基礎インフラ、市場リスクなども考慮される。アルゼンチン、エジプト、ナイジェリアなどは経営リスクが高い。インド、インドネシア、フィリピンはコストは安いがリスクが高い。総合的に見て今後数年、中国から製造業が大挙して離れる可能性は低いだろう。(翻訳・編集/AA)

不動産相場はリーマン・ショック後に急激に落ち込んだが、銀行による不動産融資の増加とともに急回復した。その後、不動産投資の過熱を警戒した北京当局は不動産融資圧縮を国有商業銀行に命じたところ、相場は急降下した。そこで一転して13年には融資規制を解除して相場にてこ入れした。すると、相場は再上昇した。

[北京 17日 ロイター] -中国商務省の報道官は17日、中国経済は、経済指標の数字以上に良好に推移していると述べた。貿易については、見通しは楽観を許さないものの、今年の目標は達成できるとの見通しを示した。

報道官は記者会見で、貿易の伸びは、第2・四半期以降、回復の兆しが出てくる可能性があると述べた。

【北京時事】世界貿易機関(WTO)が14日公表したランキングで、2013年に中国が米国を抜いて貿易世界一になったことが分かった。「世界の工場」と称される輸出大国の中国は、国内の経済成長に伴って輸入も拡大を続けており、巨大市場としての魅力が急速に高まっている。
 WTOによると、輸出入を合わせた13年の貿易総額(サービス除く)は、中国が4兆1600億ドル(約423兆円)、米国は3兆9100億ドル(約398兆円)だった。中国は輸出で首位を維持し、米国も輸入では世界トップの座を守った。

旧正月が明けた2月9日、“性都”として有名な広東省東莞市に大きな衝撃が走った。
中国中央電視台による、異例とも言える同市の風俗潜入ルポが放映された直後、
地元警察が大規模な「掃黄(売春摘発)」に踏み切ったのだ。摘発には、6000人
以上の警察官が動員され、300以上の売春拠点が一夜にして消滅した(『鳳凰網』)。

日本企業をはじめ、多くの外国企業が工場を構える同市では、単身赴任や出張者の
男性が多いことから、風俗産業が発展。政府も「発展や雇用優先」と、半ば風俗
産業を黙認してきた。掃黄は今までも幾度となく行われてきたが、当局の“ポーズ”に
すぎなかった。

しかし、今回の規模は桁違いで、影響は風俗以外にも波及している。

『華夏時報』(2月22日付)によると、掃黄から10日間で数十万人の売春婦が
東莞市から姿を消し、不動産の賃貸相場が暴落。約2万円だったワンルームの家賃は、
半額まで下落したという。

中国の債務、なんと2000兆円オーバー!!!! 日本よりはるかに多い事が判明!!!! 馬鹿か!!!! 中国政府、2013年末に510兆円と発表 ⇒ ブルームバーグが「2150兆円」と報じる!!!! 本当ならばGDP比200%超えの異常事態に突入!!!! 馬鹿だから借金隠蔽の金額も桁違い!!!! もはや中国が発表する統計データは何1つ信用ならない!!!!

影の銀行」ついに破綻 49億円が未償還 初のデフォルト?富裕層が2億元以上の利子取り逃

北京時事】
今月31日に満期を迎える中国の金融商品が、デフォルト(債務不履行)に陥る恐れがあるとの懸念が強まっている。

地方の石炭会社が通常の銀行融資とは異なる「影の銀行(シャドーバンキング)」で安易に30億元(約513億円)を調達したものの、ずさんな経営から返済のめどが立っていない。

中国市場で外資製造業は高成長期が終わり、成長が低迷している。西洋人が中国の大気汚染を嫌い、
中国製造業の輸出が大幅に減ったとも指摘される。人件費と共に生産コストが上がり、
中国での製造業には過去のような価格競争力がなくなった。

ただ一方ではサービス業には大きな成長がみられ、物流、ファイナンスリース、
娯楽などの分野で外資の投資が大幅に増える状況が続いている。

中国商務部によると、今年1~10月に海外から中国での農林水産業への投資額は
前年同期比2.61%減の14億2500万ドル(約1500億円)、
製造業への投資は5.25%減の382億9200万ドルと落ち込んだ。

ただ、サービス業への投資額は前年同期比13.93%増の498億1200万米ドルと増加。
特に電気機械修理業は同4.2倍、娯楽関係は3.2倍に急拡大している。

交渉役企業と日系企業との接点は、政府幹部からの紹介だけではない。現地法人の開設と同時に「政府幹部と豊富な人脈がある」との触れ込みで売り込んでくる会社もあれば、現地で癒着している“現地日本人コンサルタント”が紹介してくる場合もある。

 しかし、紹介された会社が、当局との交渉力を有しているとは限らない。交渉に失敗すると「いつもなら通るのだが、今回だけは難しかった」などと釈明して、報酬だけは受け取っていく。前出の福留氏は「特に日本人向けに売り込んでくる会社や、現地日本人などで『人脈がある』と売り込んでくる場合は、悪質なハッタリ屋が多いと感じる」という。

 ほかにも、恫喝まがいの賄賂で知られるのは、中国の大手テレビ局である。このテレビ局は、消費者の声を紹介する番組で、商品の性能などを紹介しているが、日系の大手企業に対して「商品へのクレームが多いので、番組で取り上げる予定だ」と連絡をした上で、番組へのスポンサー協力などを「よかったら検討してください」と“お願い”する。

最高幹部が解任されて重大な規律違反の疑いで取り調べられ、9月に入ると今年3月まで同社の会長を務めその後国有資産監督管理委員会主任という閣僚ポストに転じていた蒋潔敏氏も罷免され取調べが始まっています。

CNPCの課長級以上の職員は既にパスポート没収で海外逃亡を予防されており、更なる身柄拘束や証人としての出頭命令の拡大が予想されます。

汚職疑獄の最終的なターゲットは、CNPCの元会長で前中央政治局常務委員の周永康氏とされます。解任された4人の幹部はいずれも周氏の側近だった人物です。
周氏は巨大な利権集団である石油閥の首魁ですが、胡錦濤政権時に2名追加された増員枠とはいえ、中国政界の最高指導層である中央政治局常務委員の経験者に司直の手が及ぶのは文化大革命以来のことです。

日米のバブル崩壊前とよく似ている

 まさにバブル潰しに奔走した日銀の三重野康総裁(当時)を彷彿とさせる内容である。日銀は1989年から90年にかけて5回にわたって公定歩合を引き上げ、金利水準は2.5%から6.0%に跳ね上がった。90年初以来、株価は暴落していたのに、三重野日銀は容赦しなかった。日銀のみならず、大蔵省(現財務省)もバブル潰しに躍起となり不動産関連業種への融資規制を導入した。結果は不動産バブル崩壊を引き金にした「失われた20年」である。

 忘れてならないのは、当時のマスコミも一般大衆も「平成の鬼平」に拍手喝采を送っていたことだ。その光景は今の中国にそのまま当てはまる。政権に就いた習近平国家主席(共産党総書記)が真っ先に行ったのは、綱紀粛正の大号令である。

 6月22~25日の共産党中央政治局会議では、「8つの規定の精神を断行する」と檄を飛ばした。8つの規定とは、過度な接待の防止などを柱とする行政と党内の引き締め策だ。28~29日の全国組織工作会議では、賄賂で官職を手に入れる「官職売買」に対する厳重な処罰を強調した。

不動産や金融のバブルが崩壊しなくても、中国の混乱が世界経済の混乱に繋がる恐れがあるということだ。「対岸の火事」、はては「いい気味だ」などと思っていると、足をすくわれかねない。「用心」が肝心である。

「世界の最上位企業1400社による研究開発費の合計額のうち、5分の3以上は最上位100社のものであり、これら100社はすべて高所得国の企業だ。これらの企業の研究開発が、資本主義的グローバル化の時代における世界の技術進歩の礎になっている」という。

 これらの企業は諸外国、とりわけ中国に巨額の投資を行っている。その過程で、本国に由来する特徴や本国への忠誠心を失いつつある。そのため本国の政府は「自国の」企業への課税や規制がこれまで以上に難しくなっていることに気づき、企業と政府の間に緊張が生じている。だが、それでも企業は、本国に由来する特徴を持ち続けているし、本国の文化に根を下ろしたままだ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10





daiba49さん

政敵の悪口ばかりの政治家、広告主や権力批判出来ない新聞テレビは信じません。フィルターの無い・・ウィキリークのようなナマの情報でなければね!
私?知性も野生も感性もない軽い変態ですが!?何か?

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう