1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

倍率が3倍を切り、1 3年ぶりにセンター試験での「足きり」が実施されなかった。 13年度ではもう一つ、東大独自の「進学振り分け」(3年次からの進学先を志望に応じて、成績を基準に振り分ける制度) において、法学部の志望者が少なく、定員割れしてしまったのだ。 こうした背景には、就職事情がからんでいるとみられる。週刊朝日(2014年3月21日号)は、東大法を「『日本一』 割に合わない『就職力』、経済学部に『抜かれる日』」の見出しで取り上げた。その中で、大学通信の安田賢治・常務 取締役は「受験勉強で大変な負担を強いられる割に、その努力に見合う就職状況とはいえない」と指摘。 「この『就職力』の弱さを『相当数の受験生や保護者が把握している』ことが、志願者減につながったのではないか」と分析している。 就職を考えて、文II(経済学部)へ進学する人も増えているという。 これまで、「東大法」の卒業後の進路は、法曹家やキャリア官僚が「花形」だった。ところが、法曹界へ進むには ロースクールに通わなければならず、

私は小さい頃から自分はエリートで歴史に名を残す人物になると思っていた。幼稚園の頃に既に自分は周りとは違うという意識があった。小学校では天才だと色々な人から言われた。有名な中高一貫校を出てT大学に入った。大学院での研究では同期よりも先輩よりもimpact factorの高い雑誌に論文が掲載された。これまでの研究室の歴史の中で自分の論文が一番高いimpact factorだった。しかし、自分だから当然の結果だと思っていた。そのときは、挫折などは凡人が感じるものだと心の底から信じきっていた。
雲行きが怪しくなったのは、某財団から奨学金を獲得して海外に留学してからだった。奨学金も特に苦労せずに獲得できたため、海外のLabで自分が研究すれば2年ほどでCellやNature、Scienceに論文が出るものだと思っていた。しかし、奨学金の期限が終わってもポジらしいデータは出ず、LabのPIからは給料を出せないからLabを出て行ってくれと言われた。

東大に入って、ようやく同じレベルの会話ができる友達に巡り合えたと思いましたね。3年の時には、初めての彼氏もできました。本当に大好きな彼で、いつか結婚したい
と思っていた。ところが卒業後、私が大手銀行に入行して1年目の冬、他に好きな人ができたと突然
別れを告げられたんです。私にとって人生初の失恋は、人生初の挫折でした。相手の女は短大卒で、
フワフワとして可愛らしく、まさに『ザ・女子』。私とは真逆の人種です。フラれた直後、私は大学の友人
との連絡をすべて断ち、東大卒の同期が大勢働いている銀行も辞めました。幸せの絶頂にいた私を
知る人が、今の惨めな姿をみてバカにするに違いないと怖かった。

修了生全体では3人に1人が無業者,10人に1人が死亡・進路不明者です。しかるに,最も悲惨な専攻では,3人に2人が無業者,3人に1人が死亡・進路不明者であることが分かります。

1 2 3 4