スノーデン氏は、今も欧米では重要な取材対象だ。

 しかし、日本のメディアは相対的にこの問題に対する関心が薄いようだ。昨年11月、米紙ニューヨーク・タイムズはNSAの監視対象として日本も含まれていると報じ、アメリカ政府当局者もNHKの取材に対し、NSAが日本国内に通信傍受の施設を設けて活動していることを明らかにしている。

 これら報道に対し、小野寺五典防衛相は「あくまで報道があったということで、米政府がそのようなことを言っているとは承知していない。同盟国との間も含め、さまざまな友好国との信頼を傷つけるような行為は決して望ましいことではない。報道は信じたくない」とコメントした。メルケル独首相は、自身の携帯電話がNSAに盗聴さ

出典日本の報道自由度は世界42位、なぜ日本メディアは異質なのか?海外から改善勧告も - ライブドアニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

報道に怒り 事実隠蔽と風化が風評をつくり被害を招く!他マスメデア情報保管

電力会社のCMを放送するテレビ局、増税から逃れようとする新聞社

このまとめを見る