1. まとめトップ

音楽業界の動向についてまとめ

音楽業界全般の話題を業界内部からの視点でまとめます。リリースから業界ネタまで。

更新日: 2017年09月22日

musicmediaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
114 お気に入り 220903 view
お気に入り追加

アメリカではストリーミングが圧倒的!

アメリカの上半期の売り上げ。CDは16%に対してストリーミングが62%と圧倒的なシェアとなっている。

ライブ直行バス内でアーティストの限定VR映像を配信

音楽業界の中心はライブ。そのライブに関連したサービスがこれからも増えるだろう。うまくいくかは別。がんばれー。

アーティスト活動に2,000万円上限で東京都が支援してくれる!?

未来に向けたインパクトのある事業であればテクノロジーとの融合を目指した芸術活動に助成金を支援してくれるそうだ。

YouTubeとアメリカ音楽業界の埋まらぬ溝

完全に手遅れだがYouTubeの違法動画とマネタイズは大問題。

スペシャ、Suchmosの売り上げ好調!

スペシャは第1四半期決算を発表。人気急上昇のSuchmosの売り上げが貢献しているようだ。
エイベックス、アミューズともに若干苦戦している感じ。

エイベックス、ブルーノ・マーズの全世界音楽出版管理契約を締結

これは大きな契約。グローバル展開を狙っているエイベックスの今後の戦略に注目。がんばれー。

YouTubeが音楽消費ナンバーワンの場所

音楽業界内でのYouTubeの立ち位置は微妙だ。日本ではYouTubeへの初動対応と着うたブームが方向性を狂わせた気がする。当時はYouTube担当者も呆れるほど権利に対して鈍感だったし、着うたは消費音楽の象徴となってしまった。業界はその旨みを放置していた結果だと思う。レコチョクの売り上げを見ればよく分かるはず。

Apple/Spotify/AWA等、音楽ストリーミング主要6サービスを徹底比較

非常に細かなレビューが掲載されている。

2017年上半期ライブ・コンサート推定観客動員ランキング発表!

音楽業界の”今”はライブ!とにかくライブ!!グッズ含めると大きな収益になるのだ。

エイベックスがちょっと褒められた

音楽にこだわらず”ライブ”を重視した結果。ただそれが継続的に会社の売り上げに貢献するかはまだ未知数だ。がんばれ。

乃木坂46が初のミリオン!

乃木坂46が、17枚目のシングル「インフルエンサー」(3月22日発売)で自身初のミリオンセールスを達成。

誰がJASRACをカスと呼ばせるのか?

音楽教室とJASRACの論点がまとめられている。記事内にもでているが競合のNexToneの動きに注目だ。がんばれー。

楽天ミュージックが「Napster」運営の米Rhapsody社と提携!

2,000万曲以上の洋楽を追加するそうだが、果たして生き残れるか!?

ワーナー、流通をソニーへ。

業界内部の話しだが流通をソニーミュージックマーケティングへ委託。

ユニバーサルミュージックの収益構造

売上の46%はストリーミングだとか。グローバルな数字なので日本ではかなり違ってくるはず。

LINEとアミューズ、電子チケットサービスの検討で合意

業界全体が危機感を感じているのは確かだがどこの会社も模索状態でコレといったサービスはまだ存在しない。がんばれー。

音楽レーベル『P-VINE』、狂気のコンビニ開業!!

こちらもネタのような本当のニュース。音楽レーベルが下北にコンビニを開業!面白い試みだが続くのか?がんばれー!

正露丸でおなじみの大幸薬品が音楽レーベル立ち上げ!?

お腹のトラブルの原因となる精神的プレッシャーを跳ね除け、音楽の力で「自身の能力を最大限発揮してほしい」というセイロガンの思いから生まれた音楽レーベル。だとか・・・。がんばれー。

avex音楽事業やや苦戦

決算シーズンを迎え、一年の業績が丸わかり。エイベックスは営業的にはほぼ横ばいだが音楽事業はマイナス。今後はアニメに力を入れると思われる。注目は音楽配信だがなんだかんだで結局は成長せず、前年と比べて約2%のマイナス。

音楽業界団体による「チケトレ」が開設

いちおう公式のトレードサービスだが転売問題はまだまだ課題も多い。

ソニーミュージック好調

ソニーの2016年度の決算が発表された。ザ・チェインスモーカーズなどの世界的ヒットでストリーミングが好調のようだ。これは日本だけではなくグローバルなので注意。

エイベックス、未払い残業代支給へ 数億円規模の見通し

音楽業界は特に夜が遅い。ライブの場合は夜10時前に終わり、挨拶や打ち上げがあって深夜となるケースも多い。アーティストの付き合い上朝まで飲む場合もある。それは残業か?と言われればグレーであるが途中で抜けれないのも事実。これがツアーともなると大変。レコーディングも然り。解決策は必要なのだろうがこれでは経営はますます厳しくなる。がんばれー。

チケット譲り合い「チケトレ」

音楽、演劇、お笑いなど各運営団体が立ち上げているので公式ではあるがこれで高額転売が減少するのか気になるところだ。がんばれー。

『日本のレコード産業2017』

2016年のレコード産業の概要を網羅した、『日本のレコード産業2017』が発行された。PDFで誰でも見られるので日本の音楽市場を知りたい方は是非!

アメリカではストリーミング売上が音楽市場全体の50%を超えた!

あくまでもアメリカでの話しなので。

1 2 3 4 5 ... 11 12





このまとめへのコメント1

  • 光lightさん|2011.09.06

    音楽業界もいろいろな対策と経営など大変なんですね。意外な事実を知ることが出来ました!
    イイ情報をありがとうございます!

1

musicmediaさん

音楽関連,芸能,アニメニュースをお届けします。