1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

社説:契約社員の待遇差は違法 企業は時代変化に対応を - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20180… 裁判所は8種類の手当について一つずつ検討した。年末年始の勤務手当と住居手当、扶養手当の三つについて非正規社員に支給しないのは不合理で違法と認めた。

【不満なら正社員になれよと言われ・・】通勤手当正社員の半額に憤慨の非正規社員が提訴し勝訴へ 福岡 tekiirosoku.info/pinchos/2018/0…

「ある会社の非正規社員が、通勤手当が正社員の半額なのは労働契約法に違反しているとして、正社員と同額の支払いなどを求めた訴訟で、福岡地裁小倉支部は、会社側に賠償を命じる判決を言い渡した。」といった報道がありました(原告側が、平成... fb.me/7pNbdbPEe

無期転化という雇止めw 非正規は「5年働けば正社員化」という大誤解 18年度に本格化する「無期転換ルール」とは? | ご存じですか?あなたの会社のワークルール - 東洋経済オンライン toyokeizai.net/articles/-/189… @Toyokeizaiさんから

2015年11月4日、厚生労働省はその非正規雇用がとうとう4割に達したと発表している。

これとは別に、40代以上になっても職に就かない中高年ニートもまた増えていると言われている。

20代から59歳で仕事をしないで引きこもっている人たちは162万人もいると言われているが、そのうちの過半数は35歳以上だった。

35歳にもなれば、もう職業安定所に行ってもほとんど仕事は見つからない。40代に入ればその傾向はさらに強まる。働きたいという意欲があったとしても、社会が受け入れてくれない。

さらに、最近は一流企業であったはずの東証一部上場企業も終身雇用を止め、景気が悪くなればすぐに給料削減やリストラをするようになっている。

非正規労働者の相対的貧困率は、若年男性(25~34歳)では23.3%と5人に1人であるのに対し、壮年男性(35歳~44歳)では3人に1人(31.5%)、配偶者のいない女性ではさらに増え、2人に1人(51.7%)に上ることがわかった――。

 これは先日、独立行政法人労働政策研究・研修機構が行った「壮年非正規労働者の仕事と生活に関する研究」で明らかになったことである。

1 2 3 4 5