蒙古襲来絵詞
季長を中心に元寇での実戦の様子が描かれており、軽装歩兵・集団戦術で戦う蒙古兵の姿や、軍船、使用した「てつはう」などの兵器が描かれた唯一の画像史料として知られる。末尾には家訓とともに「永仁元年二月」(1293年)の日付が記されている(「永仁」への改元は同年8月)。
なお、絵巻物自体は中世のものと考えられているが、蒙古兵と日本騎馬武者の描写の違いなどから、後世の加筆、改竄、または編纂があったとする説も提唱されている。特に、季長と対峙する3人の蒙古兵は同じ絵巻の他の蒙古兵と装備や絵のタッチが明らかに異なり、近世に加筆されたと考えられており、九州国立博物館の文化交流展示室ではこの説が紹介されている。一方、後世の加筆や改竄ではなく、季長自身の指示による追加・手直しとの見方もある

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

歴史上の偉人たちのおもしろエピソード・逸話のまとめ

様々な歴史を作ってきた偉人たちの逸話をまとめました。

このまとめを見る