1. まとめトップ

誰もが聞いたことのあるクラシック定番名曲集 ♪【オーケストラ編】

おすすめしたい曲が多くなりましたのでオーケストラ編・ピアノ編・ヴァイオリン編ごとに再編集しました。それぞれできる限り厳選した音源で聴いて頂ける動画を紹介して、またガイド分を今後少しづつ入れていきより皆さんにわかりやすいキュレーションに致します。

更新日: 2017年07月01日

nimorockさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
380 お気に入り 912070 view
お気に入り追加

J.S.バッハ 『G線上のアリア』

J.S.バッハ 【G線上のアリア】 [ベルリンフィル・ハーモニー]
この曲こそ「誰でもあ~聞いたことあるし、良い曲だなあ♪」と感慨に浸ってしまう名曲です。
私のNo.1に大好きな何回聴いても飽きない、癒される名曲です。

「G線上のアリア」(英: Air on the G String)は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハが作曲した『管弦楽組曲第3番ニ長調 BWV1068』の第2曲「アリア(エール)」をヴァイオリニストのアウグスト・ウィルヘルミがピアノ伴奏付きのヴァイオリン独奏のために編曲したものの通称。通称は、ニ長調からハ長調に移調されているため、ヴァイオリンの4本ある弦のうち最低音の弦、G線のみで演奏できることに由来する。
 オリジナルの管弦楽組曲は、バッハにより彼のパトロンであるアンハルト=ケーテン侯レオポルトのために1717年から1723年の間に作曲されたと一般に信じられてきた。しかし、現存最古の楽譜は後年のバッハのライプツィヒ時代のものであり、現在は、ライプツィヒにおけるコレギウム・ムジクムの公演のために書かれたものであろうと考えられている。
曲名は、19世紀のヴァイオリニスト、アウグスト・ウィルヘルミによる編曲からきている。
ウィルヘルミは編曲後の曲をG線のみで演奏することができた。
後年、この曲はG線のみで演奏することを目的につくられたという誤った説が広まった。

Wikipedia-「G線上のアリア」より

エルガー 『威風堂々』

エルガー 【威風堂々】
イギリスにおいては熱烈な愛国歌であり第2の国歌的の歌。
壮大な合唱の迫力に魅了されてしまいます。
気分を高めたり、高揚したりするCMでも常連の名曲です。

第1番を聴いた当時の王太子アルバート・エドワードは、中間部を「歌詞を付けたら偉大な曲になるだろう」と、歌詞をつけるべきことをエルガーに示唆した。エルガーはこの提案を受けて、1902年のエドワード7世の戴冠式のための『戴冠式頌歌』の第6番、終曲「希望と栄光の国」にこの中間部の旋律を用いた。
現在のイギリスにおいては、国威発揚的な愛国歌かつ第2国歌的な扱いを受け、BBCプロムスなどにおける演奏がBBCで放映される際には、歌曲の最初の部分においてエリザベス2世女王の映像が必ず流されることとなっている。また、『女王陛下万歳』は連合王国国歌として、それとは別のイングランドの独自の国歌の必要性が議論されるとき、イングランド国歌の候補にパリーの『エルサレム』などともに必ず挙げられる曲である。

Wikipedia- 威風堂々(行進曲)

チャイコフスキー 『ピアノ協奏曲第1番』

人気曲となった経緯。第二次世界大戦後のアメリカ合衆国ではこの作品の演奏頻度が急増したと伝えられるが、その要因としてはトスカニーニとホロヴィッツが共演した名盤や、第1回チャイコフスキー国際コンクールで優勝したヴァン・クライバーンの存在が挙げられる。クライバーンの優勝は、当時冷戦で対立していたソ連でのアメリカ人の快挙として、凱旋した際にはクラシックの音楽家としては空前の大フィーバーが起こった。クライバーンの『ピアノ協奏曲第1番』は、ビルボードのポップアルバムチャートで1位(7週連続)を獲得した唯一のクラシック作品である(2007年現在)という事実からも当時の人気ぶりが伺える。また、同曲はキャッシュボックスのポップアルバムチャートでも最高2位を記録した。

Wikipedia ー「ピアノ協奏曲第1番」より

アフリカン・シンフォニー :高校野球の応援歌によく使われていますよね

1 2 3





nimorockさん

世間の流れに左右されない
『有益』・『使える』・『便利』
『確実』・『法令遵守』した情報
を厳選した、まとめを心がけております。

このまとめに参加する