1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

原則は無利子で貸し付けてくれる窓口がある。

それはお住まいの市区町村社会福祉協議会だ!

例えば埼玉県越谷市に住んでいる場合、越谷市社会福祉協議会が相談窓口である。

社会福祉協議会というものがどこにあるか、どんなことをしているのか、検索して確認してみてほしい。

社会福祉協議会は、地域の民間団体で、その地域にお住まいの人々が暮らしやすく、生活しやすいように、様々な福祉サービスを提供している。

なかでも『生活福祉資金貸付事業』というあまり知られていない無利子の貸付を実施している。

私の友人が勤務する東京都社会福祉協議会生活福祉資金貸付事業のホームページはわかりやすい。

うつ病の治療を続けているため、仕事がなく、お金もない状態だった。
医療機関から自立支援医療を申請するようアドバイスされ、役所に手続に行ったところ、担当者から「あなただったら、生活保護も受けられる」と言われた。

<苦しい生活ですが、生活保護の手続きは厳しいと思っていたので、なんか一筋の明かりが見えたというか、救われる思いがしました>

 アパートで、独身の妹と2人暮らし。仕事をしている妹は、結婚を夢見てアパートを出たがっていたが、兄の面倒を見るために、それも叶わない状態だった。

 窓口に相談に行くと、「次回、来るときに、妹と一緒に通帳類を持ってくるように」と言われた。

10年以上も賃金が下がり続けているのは先進国の中で唯一日本だけです。
そしていまや先進国内では貧困率がアメリカに次いで堂々の2位。

1 2 3 4