1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

歯を磨かず、それぞれ購入直後、4時間後、8時間後の3回、1口ずつ直接、ペットボトルに口をつけて飲む。
そして、3種類のペットボトルを、温度と湿度を一定に保つ機械へ入れた。
真夏日を想定し、温度は30度、湿度を60%に設定した。
8時間後のペットボトル飲料は、においは開けた時と変わりなく、見た目も変わらないように見えた。
果たして、結果はどうだったのか。
エフシージー総合研究所の橋本一浩博士は「4時間後、8時間後、あと24時間後で検査をしてみたんですけども、時間変化とともに、どんどん(細菌が)増加していく」と話した。
8時間たったペットボトルを調べると、麦茶とコーヒー牛乳から、一般細菌が検出された。
さらに、24時間後に調べると、細菌が麦茶はおよそ50万個、コーヒー牛乳はおよそ1,600万個

給食の団子汁の団子をのどに詰まらせて死亡した事故で、父親が市を相手取り、総額およそ8,400万円の慰謝料を求める裁判を起こした。
遺族は「学校の中で起きた重大な事故とわかってもらうために、提訴することにしました」と話した。
この事故は、2010年2月、当時小学校1年生だった飯沼晃太君が、給食に出された団子汁の団子をのどに詰まらせて窒息し、その後、3年間にわたり、脳死状態に陥り、死亡したもの。
父親の健一さんは、事故に対する再発防止策も実施されていないなど、市の対応が不誠実だとして、およそ8,400万円の慰謝料を求めている。

大津自殺2日前「登校イヤ」家族に教諭協議したのに 「自室荒らされ」大金恐喝壮絶なアンケート内容http://matome.naver.jp/odai/2133060436904874301

「ブログへの書き込みは10代の若者にとって精神的治療効果がある」という研究結果 – ロケットニュース24(β) http://rocketnews24.com/2012/02/01/177677/

1