1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

名前を聞いたことはあっても、その実態を知る人は少ない同人誌の世界。
実はそんな事も常識だったのかという、知られざる同人誌業界の常識を、漫画編集者も兼ねる筆者がご紹介していこう。

業界を知らない人は意外に思うかもしれないが、実は同人作家には年収1000万円を越す者が珍しくない。

もちろん、一般商業誌同様に販売数や利益を発表しているわけではないのだが、
イベントで搬入した箱の数や、並んだ客の人数(慣れてくると列の長さで、
だいたい把握できる)などで総売上をほぼ把握することができる。そこから
使用している印刷所の印刷代金(使っている印刷所はほぼ同じなので料金も
判別可能)を引けば、おのずと販売数と利益が推測できるのだ。

「そんな推測だけでは信用できない」という方は、以下のニュースをご覧になって欲しい。

■同人誌作家、収入約2億円を隠す
『容疑者は2003~05年までの所得が約2億円あったにもかかわらず、約2000万円と申告し所得税約6570万円を脱税』
2007年に同人誌界で起こったこの事件の記事によると、この同人作家は3年間で2億円、つまり1年で約6666万円を稼いでいたことになる。
ちなみに、この事件で話題になった同人作家と現在、同レベルと言われる『シャッター前』というサークルは、
同人誌即売会の老舗『コミックマーケット(いわゆるコミケ)』では常時300ほどある。
つまり少なくても300人以上が同額程度を稼いでいると考えて、まず間違いはないだろう。

なお、ワンランク落ちる『壁』と呼ばれるサークルになると、グッと増えて4~5千サークルぐらいある。
こちらは数も活動形態も多いため、『シャッター前』に比べると売上にバラつきがあるが、
意図的に利益を出さないようにしていない限り、数百万~数千万円を売上ていると考えていいだろう。

参考までに一般商業コミック誌の新人作家の1枚分の原稿料は、
少女向け・ボーイズラブ・4コマなどが4000~6000円、少年向け・男女ヤング向け・アダルトなどが5000~8000円程度だ。
したがって、たとえば少女向けの月刊誌で24ページの連載を持てたとしても、
年収は144万~172万8000円ぐらいにしかならない。
もちろん、作品がヒットすれば同人作家など足元にも及ばない収入を得ることになるが、
そこまで到達できる作家はほんの一握りだ。

したがって、編集の身としては隠しておきたいが、
現状として下手な商業作家より同人作家の方がよほど稼ぎがいいと言わざるを得ないのだ。

編集者とかアニメスタジオとか
尻馬連中なんてたくさんいるよ

まぁほとんどは赤字、せいぜい元が取れれば上出来なんだろうけど
あんな薄い本で500~1000円取るんだし売れてるとこは大儲けだろうな

壁サークルだって閑古鳥もあるんだけどな。
あれはもはや公開処刑、そこだけ空いてるから行きたくても行けれない空気を作り出す負のスパイラル

同人の利益は1部400円だぞ
年6000万ってことは15万部も売ってるのか?

壁でも1年で15万は多すぎる気がする

色々くっつけて単価めっちゃ上げてるじゃないですか

グッズ販売のとこだとそうだな

純粋に本だけだとこの数字は無理だ

同人とは名ばかりで、なかば専業化した半分プロみたいな連中のうち
ほんの一握りの成功者だろう

クリムゾンの姉弟は億ションに住んでると聞いたけど

公式には稼げてないことにするけど仲間内では見栄張って数百万くら稼いでることになるんだよな
実際のところ100万前後が多いんじゃないか?
1000円x1000本だからずっと参加してればそれくらい売れても不思議じゃない
100万っていうと多く聞こえるけど半年に一回だけだし年収や時間給に換算すると趣味レベルと言っていい範囲

「黒字になる奴はほとんどいない」と言ってる奴は真正のアホか利益が出てることを
隠したい奴かどっちか。
今はダウンロード販売があるから在庫なんて抱える必要もなく利益上げられる。
同人のDL販売サイトでDL数見ればどんだけ利益上げてるかが一目瞭然。

一時期ねーちゃんが壁で下手すりゃ年収1500万だったけど
無料配布だのグッズだの何だの作りまくってたな
税金対策だったのか

いやグッズもイベント限定で無料配布やった
袋つめ手伝った

DLは在庫抱える心配が無いってのがデカすぎるな
あれ一本で生活は出来ないだろうけど小遣い稼ぎには一番なんじゃねーの?

販売本数少ないと7割持って行かれるからな。
まあ全部1人で作れるなら、2,000本も売ればひとまずは生活できる
今なら3D系のエロとか一発狙いに行けそうだな。まあ1千以上とか何人いるんだって話だが

App store、Android Marketともに販売価格の3割が手数料になる
日本のDL販売サイトは販売価格変動制と一律固定が主流。固定の場合はやはり販売価格の3割。
販売数の多いサイトは販売単価によって変動するのが一般的で、最高で7割ほど取られる

シャッター上位にいくほどオリジナル絵か自分がゲームで書いたキャラの画集ってのが多いから他人におんぶってのはどうなんだろね。
CATなんてオリジナル多いし、最近落ち目だけどヤバ買った時はコミケ一回でマンション一部屋帰るいわれてたあいちょもオリジナルだし。

ゲーム版権系は会社に頒布数制限されてたりするから売り上げは少なそうだけどね。
有名な所だとアリスソフトの原画家系はつい最近まで200部だかまでの制限されてたし。
最近は部数制限が緩んだのか頒布数多くて儲かってそうだけどなー。

とりあえずコナミ、任天堂、小学館の著作物は二次エロは絶対やらないようにしてる
この三社は過去に同人誌に対して個人へ訴訟した実績があるからな

コナミが出資してるスポンサーアニメも怖いからパス

個人サイトで同人作家がトレスしてる奴やめろって発言したら
「黙れカス、二次創作書いてて既に著作権侵害してる癖に何言ってるんだ、馬鹿なの?死ぬの?」
って反論されて作家激怒
俺の作品のちょさくけんがーちょさくけんがーって言い返した後
どこからやって来たのかわからん連中に鼻で笑われてフルボッコにされてそのサイト閉鎖
そんな事件なら最近あった
ちなみにその作家ポケモンのエロ書いてたらしい

コンテンツ側の人間として言わせてもらうけど、グッズ製作販売を大々的にやるのはマジでやめとけ。

最近はクオリティも上がってきて許諾商品と遜色ない物も増えてきたのもあって、
正式に許諾を受けているライセンシー側がバカを見る状態で問題になってきてる。

またアニメ化等で製作委員会方式で認可していると、
そういった販売物で利益を見込んでいる出資側の利益損失になっている!といった話も出てきてる。
アニ○イトグループとかね。

グッズについては同人側にアプローチしている製造業者側にも問題があるんだけど、
通常の版権許諾商品って制限や監修もあったりで作品によってはかなり厳しいんだよね。

見る側としてプロデューサーや監督とか色々居るけど、
確認してもらって満足できないなら下手すると作り直しもあったりするから赤字になる場合もある。

だからそういった縛りのない同人サークルに営業かけた方がリスクも少ない。

上のレスで競合しやすい抱き枕なんて出てきているけど、
これについては商業より同人の方が売れるような状態も多くなってきてる。
公式絵じゃなくても特定のキャラのエロ絵が欲しいって需要はかなりあるしね。
そういった商業潰しのグッズが増えてきているんだよ。

金持ってると同人ゴロやりたくなってきて困る。
絵描いて適当に本作って5の利益しか受け取ってない奴を見ると、10にも20にもさせたくなる。
まあ相性悪いからつるむこと殆ど無いけど、もったいないなあと。金のなる木なのに。。。

んー、売れる本を書けって言うほどでもなく、いろんな仕事を紹介したり創出してあげたりとか、
ちょっとサイトを工夫してあげるとか、告知をしっかり打つようにするとか、そういうレベルでも
取り組みたくなるわけですよ。人のポテンシャル生かし切りたくてしかたがない

同人が荒稼ぎというか、商業誌の中間搾取がひどすぎるんだろ

んなことはねーよ?

商業雑誌の場合、
売れてる作品で、売れてない作品の赤字を補填してる事を忘れてはいけない。
あまり売れないが名作、良作もある。

出版社の場合、漫画部門が文芸やファッション雑誌などの赤字を補填してる構造だしね。

コミックマーケット77で同人サークルに対し行われた年間収支はいくらかというアンケートでは
5万以上の赤字が15%、5万未満の赤字が51%
5万未満の黒字が17%、20万未満の黒字が10%、20万以上の黒字が7%という回答だった
小銭稼ぎならまだしも本気で儲けるにはかなり技術とコツがいると思う

1