1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

全米ガン研究会議

大腸がんの細胞が分泌する特殊な血液中の微粒子を発見し、早期の大腸がん患者、194人の血液を調べた結果、およそ50%の患者からこの微粒子が検出されたということです。
健康な191人の血液からは、検出されなかったということです。
グループは、この微粒子を1滴にも満たないごくわずかな血液からおよそ1時間半で検出する方法も開発したということで、数年後の実用化を目指したいとしています。
大腸がんは年間およそ10万人が発症する国内で2番目に多いがんで、早期発見が重要ですが、便に含まれる血液を調べる現在の大腸がん検診は、実際にがんが見つかる確率は低いとされ、課題となっています。
落谷分野長は「今の検査方法よりも精度が高いほか、患者の負担が少なく、数年後に集団検診などで活用できるよう準備を進めたい」と話しています。

心の平静を保つうえで、気構えは大事なわけですね。

最近、特にマスコミ全般にいえることだが、「がんを克服する」「がんは完治する」といった言葉が氾濫している。医者でも平気で言う人が増えている。これはまやかしだ。

治療が終わったら、がんという文字自体見たくないという人がいる。そういう人たちに共通しているのは、克服や完治にこだわる点だ。その人たちの再発時のショックや落ち込み方は尋常ではない。いつか再発するかもしれない。体の中にがん細胞が散らばっているかもしれないが、悪さをしないようになだめながら生きていく、と割り切ったほうが楽ではないか。それががんと共に生きるという考え方だ。

がん患者になったらどう生活すればいいのか。「多重がん体質」の著者は、がんと主体的に共生する生き方を選ぶ。

──罹患(りかん)して15年、「プロがん患者」という印象です。

何より、誰かに頼るのではなく主体性を持って闘病しようと心掛けてきた。

胃がんで手術を受けたのが15年前、乳がんは8年前の経験だ。闘病のノウハウはあるが、医療技術そのものが日進月歩だ。この15年の間に多くの「がん友」と知り合うことができ、この本にはそのうち12人の経験を織り込んだが、その人たちの中には私が経験していないような抗がん剤治療や免疫療法、先進医療を受けた人もいる。

新の研究では、生のニンニクを週に2度食べると、肺がんを患う確率が約半減することが明らかになったのだ。

脂肪酸合成を標的としたがん治療における新戦略
-PETを用い個別のがん治療効果を予測する方法を開発-
脂肪酸合成を妨げることががんの増殖・転移を抑える鍵となることも発見

同病院の研究者は座る時間を減らすべく、院内を歩きながら、または立ったままでの会議を実践しているという。

体重や肥満のリスク、赤肉やベーコン、ハム、ソーセージなどの加工肉の摂取量増加が、大腸がんの増加に関連することが報告されている。

お酒と塩が加わると、がんになりやすくなります

1 2 3