韓国は英語教育に力を入れ、世界中に進出して「国際国家」を自認するが、一方では国連人種差別撤廃委員会(CERD)から、国内に蔓延る人種・民族差別の是正を促されてきた。
 差別行為は国内のみならず海外でも起きている。3月にベトナムの韓国系企業で現地従業員が労働環境改善を求めてストライキを行なった。米系ラジオ、フリー・アジアが地元紙の報道として紹介した内容によると、同社では、
・1時間のトイレタイムを設けているが、1000人余りに対し3つのトイレしかなく、時間内に用を足せない人が多い
・仕事中は泣いて頼んでもトイレに行く許可をもらえず、多くの人が水を飲まずに我慢している。
・食事に砂利や蛆が混ざっていると経営者に訴えても全く改善されなかった。

出典ベトナムの韓国系企業従業員 便所が少ないため水分摂取我慢│NEWSポストセブン

前へ 次へ