1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

0年ほど前に大王製紙主催の「プロアマ」と呼ばれるゴルフコンペでの経験を明かした。

岡本によるとプロアマとは「芸能人が一人入って、大王製紙の関係のね、偉い接待を受けるような男性が二人入って、そこでプロゴルファーが一人入って。この四人の組み合わせでゴルフをやる」というもの。岡本は営業の一環としてこのゴルフコンペに、コンパニオン・司会として参加したという。この際、出演料として大王製紙側に40万円を提示されたが、50万円に値上げを要求。しかしこれは却下され「『意外と金にはシビアだったかな』と思うけども」と当時の印象を述べた。

藤原紀香、ほしのあき、熊田曜子らの名前が取りざたされた。本書ではこれに言及しており、藤原については「今や日本を代表するセクシーな大物女優」と気を遣った書き方で「何か深い関係があったわけではなく、単なる昔からの古い友人の一人」とし、友人と一緒に水着でプールやサウナに入ったことがあるだけだと綴っている。また、熊田に関しては「一回しか会ったことがない」とし、こちらも肉体関係は完全に否定。肩透かしとも思えたが、ほしのについては別だ。

 ほしのが22歳の頃からブレイクするまで、月に1~2回は食事をする間柄だったといい、井川氏が飲みの席で「遊びにこない?」と電話をすると、例え忙しくても必ず顔を出してくれるほど親しかったという。さらに、ほしのからローションティッシュという高級ティッシュをおねだりされ、ダンボール1箱分をプレゼントしたとも述懐している。気になるのは、ほかの噂になった女性については全て関係をハッキリ否定していながら、ほしのに関しては親密さをアピールしながら肉体関係の有無を記していないことだ。これは暗に「彼女とはそういう関係だった」という意味だととられても仕方ない部分がある

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1