1. まとめトップ

アメリカ戦争屋のやり方。共和党の有力候補大規模な交通渋滞に側近が関与した疑惑 他米政治

、アフリカ全土を発展させようとアフリカ全土にばらまかれたカダフィマネー  カダフィのグリーンブックなんです

更新日: 2014年05月08日

2 お気に入り 15448 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

daiba49さん

016年の次期米大統領選で共和党の有力候補とされるニュージャージー州のクリスティー知事が9日、昨年9月に発生した大規模な交通渋滞に側近が関与した疑惑について記者会見を行い、謝罪するとともに、この側近を解雇したと発表した。

ニュージャージー州では昨年9月、同州とニューヨークをつなぐジョージワシントン橋で4日間車線が閉鎖され、数時間にわたって交通渋滞が発生。通勤者や通学バス、救急車などが影響を受けた。

、安倍晋三首相の靖国神社参拝を伝える記事で、安倍政権が取り組んできた日本経済再生はそれ自体が目的ではなく、戦前の日本が保持していたプライドを取り戻し、本格的な軍事力を備えた力強い国家をつくるための手段との見方を示した。

 首相の靖国参拝については、在日米大使館が同盟国としては異例の「失望」を表明したことを指摘。首相は来年、悲願とする憲法の解釈変更による集団的自衛権行使の容認や、憲法改正に向けた具体的措置を取り始める可能性があるとの専門家の意見を伝えた。

米国内でこれまで何度となくその活動が禁止されてきた、この人種差別組織の主催者リチャード・プレストン氏は「集会は、憲法に反して大統領職に就いているオバマ氏と不法な移民に反対する抗議行動で、国内の秩序確立を求めるものとなるだろう」と語っている。

またプレストン氏は「オバマ氏は、自分が米国で生まれ、米国大統領となりうる米国市民である事を証明できていない」と強調し、さらに次のように続けた―

「我々は、国境の閉鎖を求めている。政府は、不法移民排除に力を集中すべきだ。米国は『世界の憲兵』役を担うのを止めなくてはならない。なぜなら、そうすると国内秩序を確立できないからだ。」

米軍爆撃機からの水爆落下事故で、地面に落ちた水爆2発のうち、1発が爆発寸前の状態にあったと報じた。

 事故の発生自体は公表されていたが、米政府はこれまで、爆発の危険性を繰り返し否定してきた。この水爆は、広島に投下された原爆の260倍の威力があり、爆発していれば、首都ワシントン、ニューヨークなどに「死の灰」が降り、数百万人が生命の危険にさらされたという。

 同紙によると、水爆を積んだ米空軍爆撃機B52は、ノースカロライナ州ゴールズボロの基地を飛び立った直後に故障。空中で機体がばらばらになり、水爆2発が落下した。それぞれパラシュートが開き、牧草地などに落ちたが、このうち1発は、四つの安全装置のうち、

戦争は宗教で始まり人類滅亡へと続く・・違いますか!?
http://blogs.yahoo.co.jp/daiba49/31071843.html

1 2 3 4 5