1. まとめトップ

オリーブオイルなどに含まれる不飽和脂肪を野菜と一緒に摂取
すると、血圧を下げるタイプの脂肪酸ができることを発見したという英大の研
究論文が19日、米学術誌「米科学アカデミー紀要(Proceedings of the
National Academy of Sciences、PNAS)」に発表された。

硝酸塩や亜硝酸塩を多く含むホウレンソウ、セロリ、ニンジンを、体に良い脂
肪を含むアボカドオイル、ナッツオイル、オリーブオイルと一緒に摂取するこ
とでニトロ脂肪酸が形成されるという。

英国心臓財団(British Heart Foundation)の助成を受けた英ロンドン大学キ
ングスカレッジ(King's College London)などのチームがマウスを用いて行
った研究によると、このニトロ脂肪酸が血圧を調節するエポキシド加水分解酵
素の働きを抑制し、血圧を下げる効果があることが分かったという。

息を吹き込むだけで健康状態が確認できる「呼気分析装置」を開発したと発表した。また富士通も、膨大な情報を分析・活用するビッグデータと最先端医療を融合し、ヘルスケア事業の売上高を5年後に約2倍の2千億円に引き上げる。高齢化などに伴い、ヘルスケア分野は今後も市場が伸びるとみられており、電機各社は事業を強化している。

 東芝が開発した装置は、半導体製造に使われるガス分析技術を応用し、人の呼気に含まれる微量ガス濃度を測定する。息を吹き込むだけで二日酔いや肥満、糖尿病などに関わる化学成分を約30秒で検出できる。

 今後、早稲田大学や医療機関などとの共同研究で装置の有効性を検証する。将来的には運動効果の測定や、疾病の診断などができるようにする。東芝はヘルスケア事業の売上高を、平成29年度に現在の2・5倍にあたる1兆円に引き上げる方針だ。

息を吹き込むだけで二日酔いや肥満、糖尿病などに関わる化学成分を約30秒で検出

痛みのない虫歯の根管治療法が開発される。新しい血液検査で膵がんを早い段階で他最新医療

痛みのない根管治療法は「SealBio」と呼ばれており、患者自身の幹細胞を利用する技術で、米国特許商標庁に特許取得を申請中、オーストラリアではすでに特許を取得しています。

根管治療を行うには、厳しい練習や歯科的スキル・歯科医との臨床経験・根管を詰めるセメントに関する技術や知識など、さまざまな要素が求められますが、この技術が実用化されれば従来の根管治療を行う必要がなくなるとのこと。根管治療とは違う治療法であるSealBioでは、根管に患者自身の幹細胞を詰めることで組織障壁となって虫歯になった患部の再生を可能にします

新しい血液検査で膵がんを早い段階で発見できるようになる可能性がある――デンマーク、コペンハーゲン大学病院・ヘアレウ病院のNicolai Schultz氏らの研究グループが報告した。ただし、この検査法は予備段階のものであり、早期の膵がん患者を正確に診断できるとはまだ言えないという。

米国がん協会(ACS)によると、膵がんにはスクリーニング法がなく、診断されるのは後期であることが多い。したがって治療が難しく、予後は不良だという。米国腫瘍学ネットワークの関係機関である米テキサス・オンコロジーのDonald Richards氏によると、唯一の治療法は外科手術だが、手術をしても大部分は治癒に至らず、さらに多数の患者では手術という選択肢すらない。「ごく初期の段階で膵がんを検出できれば、この状況を変えられる可能性がある」と、同氏は述べている。

科治療の画期的な新技術「ヒドロキシルラジカル殺菌法」の開発が伝えられ、新聞等でも大きな話題になりました。なんでも、虫歯や歯周病の原因菌を数十秒~数分で、ほぼ完全に死滅させることができるのだとか。

いったいどんな技術なの? 「ヒドロキシルラジカル殺菌法」を開発し、実用化を目指す東北大大学院歯学研究科・菅野太郎助教に聞きました。

「低濃度の過酸化水素にレーザー光をあてると起こる化学反応を利用して、人体に影響を与えずピンポイントで殺菌する技術です。これまでは、除去しきれなかった病原菌が原因で、歯周病が再発するケースがありました。強い殺菌剤を使えばいいのですが、それでは人体にも悪影響が出てしまう。その点“ヒドロキシルラジカル殺菌法”は安心で、徹底的な殺菌を行うことができます

眼球をくりぬかれ視力を失った6歳の男児に、再び視力を取り戻すチャンスが訪れている。香港(Hong Kong)の病院が「電子義眼」を提供することを申し出たのだ。

「ビンビン(Bin-Bin)」ことグオ・ビン(Guo Bin)君は先月、両目の眼球をくりぬかれ、自宅近くで血まみれの状態で発見された。中国国営新華社(Xinhua)通信は4日、警察が、事件の数日後に自殺した男児の伯母を容疑者と断定したと報じている。

 香港を中心に医療活動を行っている眼科専門医デニス・ラム(Dennis Lam)氏によると、同氏の医療チームはグオ・ビン君に、無料で治療を行うことを申し出ているという。

 同氏は現在、グオ・ビン君の両親の同意を待っているところで、同意が得られれば、グオ・ビン君を香港に隣接する中国南部・深セン(Shenzhen)市にある同氏の眼科病院に移送し、来週早々にも義眼を埋め込む手術を行うことができるという。

 治療法としては、カメラが処理した画像の信号を舌に取り付けた電極を経由し

1 2 3





daiba49さん

政敵の悪口ばかりの政治家、広告主や権力批判出来ない新聞テレビは信じません。フィルターの無い・・ウィキリークのようなナマの情報でなければね!
私?知性も野生も感性もない軽い変態ですが!?何か?

このまとめに参加する